アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花」のブログ記事

みんなの「花」ブログ

タイトル 日 時
都合により休止します。
都合により休止します。 本ブログが皆様から親しまれていましたが、都合により、しばらくの間休止したいと思います。 再開の時は改めてご連絡いたしますので、勝手ながら休止します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/06/14 17:19
タニウツギ
タニウツギ 五分咲きのタニウツギ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/13 20:01
ピンクのヤマボウシ
ピンクのヤマボウシ 国道399号沿いに咲くピンクのヤマボウシ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/12 20:43
ニセアカシヤ
ニセアカシヤ アカシヤとどう違う ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/11 20:46
ヤブジラミ
ヤブジラミ 山形への途中で撮った写真 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/10 21:09
マリーゴールド
マリーゴールド 庭に咲くマリーゴールド ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/09 17:12
サツキ開花
サツキ開花 この暑さで咲いた「サツキ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/08 17:50
スズラン
スズラン 万葉の庭に咲く花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/06/07 17:53
ヤマボウシ
ヤマボウシ 遅い開花のヤマボウシ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/06 19:20
コウゾリナ
コウゾリナ 万葉の庭で・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/05 16:09
酸塊(スグリ)
酸塊(スグリ) 子供の頃の思い出 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/04 19:00
万葉の庭の花
万葉の庭の花 万葉の庭の花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/03 16:54
立てば芍薬・・・
立てば芍薬・・・ 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 3 / コメント 12

2011/05/31 17:08
霧の山道
霧の山道 標高600メートル霧の山道 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/30 15:32
マムシグサ
マムシグサ 林縁で見つけた「蝮草」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/29 17:58
ユキザサ他
ユキザサ他 杉林の林縁で見つけたユキザサ他 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/28 18:38
まだ残っていたニリンソウ
まだ残っていたニリンソウ 最後まで咲いていたニリンソウ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/27 17:20
珍しい「ウスバサイシン」
珍しい「ウスバサイシン」 杉林林縁で見つけた珍しい花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/26 18:14
クマガイソウ
クマガイソウ 福島市松川町水原地区山林で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/25 19:59
カタクリの花
カタクリの花 白いカタクリの花  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/24 15:45
クリスマスローズ
クリスマスローズ 今年4月に撮ったクリスマスローズ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/23 19:07
黄牡丹
黄牡丹 現物を初めて見た黄牡丹 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/22 15:03
孫の写真
孫の写真 孫の撮った写真をどうぞ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/21 20:59
農家の庭で
農家の庭で 農家の庭に咲く花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/20 17:25
道端の花たち
道端の花たち 一寸車を止めたら ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 10

2011/05/19 08:06
霊山借景石田川庭園の藤
霊山借景石田川庭園の藤 霊山借景石田川庭園の藤 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/18 17:02
白牡丹
白牡丹 農家の庭の白牡丹 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/17 18:09
藤の花
藤の花 去年に比して三分の一の花房 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 10

2011/05/16 15:40
イカリソウ
イカリソウ イカリソウほか ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/15 16:24
ご無沙汰しました
ご無沙汰しました 長い間ご無沙汰しました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 20

2011/05/14 11:10
西洋蒲公英ほか
西洋蒲公英ほか まだまだ元気な西洋蒲公英 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/12/01 18:54
白蒲公英ほか
白蒲公英ほか 白蒲公英再び開花 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/11/30 17:57
十月桜
十月桜 花数が増えた十月桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/29 16:45
シロタエギクほか
シロタエギクほか 今年最後の庭のシロタエギクほか ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/11/27 17:10
ハキダメギクほか
ハキダメギクほか 林縁で見つけたハキダメギクと紅葉 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 10

2009/11/26 17:21
吾妻連峰
吾妻連峰 冷え込み厳しく白銀が目立つ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/11/23 17:49
オニノゲシ(鬼野芥子)ほか
オニノゲシ(鬼野芥子)ほか 花期は春から晩秋の鬼野芥子 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/11/20 11:37
花数多くなった十月桜
花数多くなった十月桜 9月下旬頃から咲き始めた十月桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/11/19 16:10
ヨイマチグサ
ヨイマチグサ 川原に咲いていた宵待草 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 20

2009/11/12 10:57
ブタナほか
ブタナほか まだ咲いていたブタナ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/11/11 11:38
ヤツデほか
ヤツデほか 薬用になる地味な花「ヤツデ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/11/10 17:46
ゲンノショウコほか
ゲンノショウコほか 川原で見つけたゲンノショウコ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/11/09 17:33
菊の花
菊の花 カメラの試し撮り ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/11/08 16:59
会津磐梯山
会津磐梯山 秋枯れの会津磐梯山 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 24

2009/11/03 17:09
わすれな草ほか
わすれな草ほか この「わすれな草」が最後か? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/11/02 15:49
ウシハコベほか
ウシハコベほか 標高600メートルのウシハコベ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/11/01 17:48
ツワブキほか
ツワブキほか 庭のツワブキ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 22

2009/10/31 16:46
マリーゴールドほか
マリーゴールドほか 花工房の花壇の花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 20

2009/10/28 18:15
ヤクシソウほか
ヤクシソウほか ヤクシソウ(学名:Youngia denticulata) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/10/27 17:10
ヤマツツジ(山躑躅)
ヤマツツジ(山躑躅) 山躑躅の狂い咲き? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/10/26 17:02
白花蒲公英ほか
寺の参道で見つけた白花蒲公英 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/10/24 17:08
ジュウガツザクラほか
十月桜の花数増える ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/10/23 17:37
台風一過
直撃を受けた会津地方 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/10/11 17:34
ヒメジョオンほか
川桁の畦道で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/10/10 18:10
ミョウガほか
庭に咲いた茗荷の花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/10/09 17:07
サボンソウ(当初の花名:フシグロセンノウ)
川原に咲くサボンソウ(フシグロセンノウ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/10/06 17:26
シオン(紫苑)ほか
秋の花紫苑 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/10/05 17:50
アキノノゲシほか
摺上河原で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/10/04 17:10
川原のコスモス
鮎釣りの名所摺上川 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/10/02 17:42
コウゾリナほか
道端に咲く花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/10/01 15:55
キウリの花ほか
野菜畑で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/09/30 17:36
百合水仙
ご近所で見つけた百合水仙 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/09/28 17:19
シュウメイギクほか
庭の花たち ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/26 17:15
ナナカマド他
県民の森で・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/09/25 17:24
秋咲き石楠花ほか
運動公園で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/09/23 17:13
いちい(一位)ほか
運動公園で見かけた木の実 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/09/22 17:06
ムクゲ(木槿)ほか
生家の庭で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/09/21 17:54
チカラシバほか
田圃の土手で・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/09/20 17:53
睡蓮
花見山睡蓮池で ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/09/19 16:45
ムラサキツユクサ他
農家の庭先で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/18 16:33
ヤクシソウほか
奥岳で見つけた花たち ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/09/17 17:39
コスモス
奥岳のコスモス畑で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/09/16 17:58
きのこ
名前の不明なキノコ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/09/15 16:56
木瓜の実
花見山の木瓜の実 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/09/14 16:52
大葉擬宝珠他
花見山公園で ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/09/13 17:36
サクラサク
十月桜咲き始める ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/09/12 16:33
シロバナウツボグサ
林道で見つけたシロバナウツボグサ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/09/11 17:32
カシワバハグマほか
林縁で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/09/10 17:22
アジサイ
9月のアジサイ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/09 15:57
ウバユリ
牧場近くのウバユリ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 24

2009/09/07 17:06
キツリフネソウほか
林道の側溝周辺で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/09/06 16:38
ヤブタバコほか
姥湯温泉の途中で見つけた花たち その3 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/09/05 20:15
ウメバチソウ他
姥湯温泉の途中で見つけた花たち その2 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/09/04 17:31
ツリフネソウほか
姥湯温泉の途中で見つけた花たち その1 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/09/03 16:35
トリカブトほか
やっと見つけたトリカブト ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/09/02 17:20
ヤマハハコグサ
姥湯温泉のヤマハハコグサ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/01 17:23
キオン
林道で見つけたキオン ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/08/31 16:42
アシタバ
イガブチヒゲハナカミキリ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 12

2009/08/30 15:34
ご無沙汰しました
庭のサギソウ咲く ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/08/29 15:10
ゲンノショウコ他
吾妻山麓の北山林道で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 20

2009/08/20 17:00
ヤマアジサイ
高所の林縁に咲くアジサイ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/08/07 13:34
ヒルガオ
道端のヒルガオ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/06 17:57
タマゴタケ
林縁近くで発見 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/08/05 17:47
エビガライチゴ
道端で見つけたエビガライチゴ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/04 16:01
ツチアケビ
七が宿で見つけた「ツチアケビ」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 19

2009/08/03 16:56
蓮の花
休耕田栽培蓮の花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/08/02 17:01
タマガワホトトギス
高山の林縁に咲くホトトギス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/08/01 17:37
アオヤギソウ
私には珍しい花 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/31 18:14
ツリフネソウ
林縁の側溝付近で見つけたツリフネソウ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/30 18:46
ヤマブキショウマ(赤花)
林縁で見つけた赤花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/29 17:51
タマザキクサフジ
飯野・・・小さな旅で見つけた花た ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/28 18:49
オニユリ
千貫森で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/27 20:12
ヒヨドリ他
磐梯山中腹で見つけた花たち ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/07/26 17:54
裏磐梯山
孫と日帰り旅行 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/25 19:02
ホタルブクロ
ホタルブクロ特集 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/07/24 17:47
ワレモコウ
散策路のワレモコウ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/23 17:15
タケニグサ
猪苗代スキー場近くで ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/07/22 21:04
コスモス
咲き始めたコスモス ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/07/21 16:52
ヘビウリ
民家の近くで・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/07/20 16:58
ハーブ
磐梯山の麓で見た花ハーブ他 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/19 17:11
ワスレグサ
ワスレグサ・ヤブカンゾウ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/07/18 15:33
ヤマユリ
ヤマユリの花満開 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/07/17 06:35
ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)
別名ペチュニア ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/07/15 18:25
妻の風景
姥湯途中で撮った妻の風景 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/14 18:21
アルストロメリア
道端で見つけたアルストロメリア ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/13 16:32
ヘメロカリス
安達ヶ原ふるさと村で見た花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/07/12 16:41
悪戯写真その2
花の悪戯写真その2 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/07/11 18:11
悪戯写真
花の悪戯写真 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/10 16:19
道端の花
林縁に咲く花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/07/09 17:00
姥湯温泉の途中で見た花
野草の花を愛でながら姥湯まで・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/07 17:47
睡蓮の花
高円寺の睡蓮のはな ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/07/06 17:42
紫陽花寺
高林寺の紫陽花02 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/05 18:22
紫陽花ロード
見頃だった高林寺の紫陽花 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/04 18:49
昭和の森で
猪苗代町昭和の森から ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/07/01 19:35
庭の花
PC修理完了 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/06/30 20:56
オダマキ
花工房で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 28

2009/06/16 17:02
花工房で
ご無沙汰しました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/06/15 10:57
ポピー
花工房の庭で・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/06/11 16:34
裏磐梯02
昨日見つけた裏磐梯の花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/06/10 18:51
宮城蔵王03
福島市の市民学校に参加して ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/06/08 17:29
合同例会で入賞
福島県写真クラブ合同例会開催 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 28

2009/06/07 17:15
アヤメ他
加藤野草園で・・・ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/06/01 17:10
シャク(ヤマニンジン)他
奥つちゆ秘湯川上温泉近くで ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/05/31 18:29
ツクバネウツギ他
東烏川で見たツクバネウツギ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/05/29 18:21
アツモリソウ他
加藤野草園で見せて貰った花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/05/28 16:48
ヤブデマリ他
クマガイソウが咲き終わって ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 16

2009/05/27 17:37
シャクヤク他
庭に咲く花 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/05/26 13:04
シャクナゲ
妻が撮ったシャクナゲ他 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/05/25 20:15
白色スミレ
クマガイソウ群生地で04 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/05/23 17:13
シーラ・カンバヌラータ
クマガイソウ群生地で03 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/05/22 17:36
ヤマブキソウ他
クマガイソウ群生地で02 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/21 17:16
ホウチャクソウ黄花他
クマガイソウ群生地で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/05/20 19:00
ツツジ
ツツジの大群落「高柴山」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 20

2009/05/19 20:29
チャイブ他
去年は咲かなかったチャイブ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/18 17:24
ショウジョウバカマの花後
小鳥の森02 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/05/17 17:58
ブタナ
小鳥の森で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/05/16 18:59
ラショウモンカズラ他
山道の林縁で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/05/15 23:56
ヤマシャクヤク
クマガイソウの森で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 20

2009/05/14 15:39
クマガイソウ
5月10日から31日まで ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/05/13 20:39
クレマチス他
藤棚の近くで・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/05/11 21:03
藤の花
母の日の祝いに ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 26

2009/05/10 17:40
シャクナゲ(石楠花)
奥羽線峠駅近くで ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/05/09 20:18
スミレ他
李平で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/05/08 17:35
エンレイソウ他
李平の花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/05/07 17:40
ワスレナグサ 他
今庭に咲いている花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/06 17:30
ザゼンソウ他
万葉の庭で その5 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/05/05 17:55
バイカカラマツ他
万葉の庭で その4 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 24

2009/05/04 17:07
セリバオウレン他
万葉の庭で その3 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/05/03 17:58
リュウキンカ他
万葉の庭で その2 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/05/02 17:53
ネコノメソウ
万葉の庭で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/05/01 16:33
山桜
蛇追滝へ1キロの案内板 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/30 17:51
梨の花
果物王国福島の梨 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/04/29 17:31
シラネアオイ
鉢植えのシラネアオイ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/04/28 17:52
モミジイチゴ他
林縁で見つけた花たち ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/04/27 17:24
ミズバショウ
国道113号線沿いで ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/04/26 18:29
ヒヨドリの吸蜜
桜の蜜を求めて ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/04/25 17:57
桜四度
半田山自然公園の桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/24 20:45
桜三度
山は雪麓は桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/23 22:44
カキドオシ
葉が開く前に開花したカキドオシ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/04/22 18:34
ラッパスイセン
農家の土手で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/04/21 17:22
日本の三大桜
滝桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 28

2009/04/20 15:17
駒桜
エドヒガンザクラに属する巨木 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/19 18:18
シバザクラ
会津から見た飯豊山 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/04/18 18:41
菜の花
 松原寺参道の菜の花 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/17 17:55
花桃
飯坂支所構内の花桃 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/15 18:09
桃花
桃の花満開 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/14 20:04
ヒヤヒンス
桜の木の下で ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/04/13 17:24
団地の桜
団地誕生に合わせて ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/12 19:53
ミズバショウ
土湯温泉仁田沼 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/04/11 16:24
ジュウガツサクラ
 本格的に咲いた十月桜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/09 17:08
ショウジョウバカマ
半田山公園 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/04/08 17:58
桜咲く
福島にも開花宣言 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/04/07 17:34
梅林
伊達市富成の梅園 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/04/06 18:22
フッキソウ
伊達市梁川町の薬草園 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/04/05 19:39
光核桃(コウカクトウ)
飯坂花桃の里の光核桃 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/04 17:59
花見山公園
明日からシャトルバス運行 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 12

2009/04/03 17:54
シロバナタンポポ
松原寺参道の白色蒲公英 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/04/02 18:24
椿
花見山公園の椿 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/31 17:28
ヒマラヤユキノシタ
花見山公園で ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/30 17:09
梅満開
紅白梅満開 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/03/29 23:58
ヒュウガミズキ
満開となって ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/03/28 16:58
福寿草終焉
今日の雨と雪で咲き終わる ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/03/25 23:35
三椏
ほぼ満開の三椏と庭の梅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/03/23 16:12
咲き続く十月桜
半年以上咲き続く ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/22 17:15
ヒイラギナンテン
漸く咲き始める ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/20 17:58
庭の梅開花
4日連続20度オーバー ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/19 17:35
葉ボタン
庭の花 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/03/18 17:30
梅七分咲き
三寒四温 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/03/17 17:06
写真展打ち合わせ
役割分担 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/03/16 18:24
パンジー
寄せ植えの花名 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/03/15 17:41
寄せ植え
一目惚れ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/03/14 16:56
ウォーキング
あづま総合運動公園 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/03/13 18:19
寒さにあって
変色した蕗の薹 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/03/09 16:08
少し暖かな日
梅のつぼみ膨らむ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/08 17:36
土手の日溜まり
ヒメオドリコソウ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/07 18:29
雨に濡れた花
今日は雨降り ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/03/06 16:58
十月桜
まだ咲いている十月桜 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/05 17:28
西洋蒲公英
綿毛になって ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/03/03 18:25
桜咲く
温室桜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/03/01 08:38
庭の花
福寿草と雪割草 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/02/28 16:40
桃の花
温室開花した桃の花 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/02/27 23:10
花見山公園
マンサクが満開 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/02/26 17:30
福寿草
福寿草開花 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/02/24 14:56
庭の残雪
花数増えた雪割草 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/02/22 15:23
オオイヌノフグリ
福寿草の土手 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/02/19 15:33
木瓜
木瓜の花 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/02/16 17:37
柊南天
ヒイラギナンテン・マホニア ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/02/15 17:51
10月桜
10月桜 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 16

2009/02/14 21:25
寒椿
寒椿/山茶花 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/02/13 16:30
梅の花
紅白梅咲く ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/02/12 15:00
マンサク
満開のマンサク ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/02/11 16:53
三椏
ミツマタの蕾 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/02/10 17:26
スイバ(酸葉)
別名:スカンポ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/02/09 16:21
春一番
フキノトウ開花 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 14

2009/02/08 15:51
朝焼け
素晴らしい日の出 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/02/07 17:55
ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ・オオイヌノフグリ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/02/06 17:54
雪割草
庭の雪割草 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/02/05 17:57
山茶花・椿
花見山の山茶花と椿 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/04 16:37
ロウバイ
満開近くのロウバイ(花見山公園) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/02/02 15:02
十月桜
咲き終わりの十月桜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/01/18 16:37
花見山公園
ロウバイ咲く ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/01/13 17:33
写真にいたずら
孫と買い物 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/01/07 17:32
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリは花期が2月〜5月と長いがこの時期に咲くのは珍しいのかも知れない。このオオイヌノフグリについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。早春にコバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/12/25 20:28
ウシハコベ
ウシハコベは路傍や林縁、畑のあき地などに普通に見られる一年生草本。資料によっては多年草と書いてあるものも有る。雑草でも害草としている資料もあるが程度は「中〜強」で花期は4〜10月と書いてあるがこの写真のようにまだ元氣に咲き続けているものも有る。去年1月にも2月にも咲いていた。自生地は北海道〜九州の山野に生える。茎の高さは20〜60cm。ハコベよりも大きいと書いてあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/12/22 18:33
まだ咲いていた十月桜
桑折の松原寺の十月桜が花数は少なくなったがまだ咲いていた。昨日紹介した白色タンポポの近くに咲いていた。先日花見山公園の十月桜を撮りたくて行ったが妻のけがが心配で目的を達成できなかったが昨日は一人で桑折町の松原寺に行って撮ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/12/21 17:47
白いタンポポ
十月桜の咲き具合を確認に行った桑折町の松原寺参道の法面に5株ほど白いタンポポが咲いていた。去年はこんなに沢山の白いタンポポはなかったと思う。一株だけ黄色い西洋タンポポが咲いていて名前は分からないが目の具合から「アブ」と思われる小さなはちのようなものが吸蜜に来ていた。オニノゲシもこの寒さにも耐えて花が咲いていた。白い綿毛を付けて風に乗って飛び立ちの準備が完了していた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/12/20 16:19
花の名前教えて・・・
一昨日妻の腰椎圧迫骨折の治療で宮城県古川市に行ったとき「シバサクラ」が咲いていた中に一個だけ名前の分からないものが咲いていた。帰宅後調べて見たが解らず仕舞いとなってしまった。花の付け根のあたりは「フクロナデシコ」に良く似ているのだが花弁が全く違う。この花も同じ所に咲いていたシバザクラのように春に咲く花なのかも知れない。何方かご存じの方ご教授お願いします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/12/19 17:59
レンギョウ
妻の腰椎圧迫骨折の治療のため今日も古河の治療院に行って来た。これで骨折以来四度目の治療だったが人差し指が入るほど落ち込んでいた腰椎が元通りに修復できた。後は時々数ヶ月毎に様子を見せて欲しいと言うことだった。整形外科治療を続けていたら今頃はコルセットを取り付けて安静状態が続いたと思うが元通り自由に動き回ることが出来るようになった。そんな今日治療院駐車場隣の畑の縁で春咲くはずの「レンギョウ」や「シバザクラ」が咲いていたので撮ってきたので見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/12/17 18:44
ヒイラギナンテン
先日花見山公園で撮ったヒイラギナンテンを見て頂くことにしました。このヒイラギナンテンについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』iによればヒイラギナンテン(柊南天、Mahonia japonica)はメギ科の常緑低木。中国南部、台湾、ヒマラヤ原産で庭や公園などに栽培される。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は硬くヒイラギの葉に似て鋸葉はとげとなる。常緑で落葉はしないが、冬に赤銅色になる部分があり紅葉のようになる。春先に総状花序に黄色い花をつけ、その中にある雄しべは昆虫などが触れるこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/12/16 18:42
ハハコグサ
この時期に咲くハハコグサは珍しくフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればハハコグサ(母子草、Gnaphalium affine )とは、キク科ハハコグサ属の越年草である。春の七草の一つ、「御形(オギョウあるいはゴギョウ)」でもあり、茎葉の若いものを食用にする。ハハコグサの全草を採取し細かく裁断して日干しし、お茶にする。咳止めや内臓などに良い健康茶ができる。これには鼠麹草(そきくそう)という生薬名があるが、伝統的な漢方方剤では使わない。かつては草餅に用いられていた草であった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/12/12 21:01
茶の花
一昨日福島市花見山公園で撮った中に茶の花が有った。この茶の花はツバキやサザンカの仲間でフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』iによると「茶」の字は中唐以後に成立した字で、それまでは「荼」(ト)で代用されていた。「荼」は草本植物を表す草冠と、「苦い」ことを意味する「余」からなり、本来は苦い味のする植物であるニガナを指す字である。原産地の雲南方面から四川・江南へと長江流域に茶が広まるにつれ、デャあるいはテャのような発音(反切で澄麻の切)に荼字を当てて使うようになったと推定されている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/12/10 20:04
木瓜(ボケ)の花
花見山公園の真っ赤な木瓜が12月から1月にかけて咲いていたので今年も行って見た。1月に咲くロウバイはまだ葉が付いたままだったが1月には葉がすっかり落ちて蝋細工のような花が咲くことだろう。昨日は妻と一緒だったので中腹から撮った市内の風景も見てください。このボケについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとボケ(木瓜)は、バラ科の落葉低木。学名Chaenomeles speciosa(シノニムC. lagenaria)で実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/12/09 17:21
花見山のサザンカ
昨日はサザンカと寒椿の区別が付かないと書きましたが今日は「福島市渡利にある花見山公園に行って来ました。頂上の10月桜を観に行きたかったが腰を痛めている妻が一緒だったので中腹から戻ったので撮影した花数が少なかったがサザンカを見て頂くことにとました。このサザンカについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとサザンカ(山茶花、学名:Camellia sasanqua)は、ツバキ科の常緑広葉樹。秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせる。野生の個体の花の色は部分的に淡い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/12/08 17:08
カンツバキ(寒椿)
実はサザンカなのか寒椿なのか解らなかったのでタイトルを寒椿としました。最近はサザンカと寒椿の交雑種が多くなっていて素人の小生には調べようみなくなってしまった。サザンカ(山茶花、学名:Camellia sasanqua)は、ツバキ科の常緑広葉樹。またカンツバキ」という名称はもともと「シシガシラ」に付けられたもの。と書いてあるものも有る。私にはどちらともはっきりした区別が出来ない花なのである。花弁の色にしても白や赤があり斑の花弁もあればもうサザンカとの区別は難しすぎるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/12/07 15:25
菊の花
12月となって菊が咲き終わりになってきているが中には降霜に冷やされながらもまだまだ:元氣に咲き誇っている菊を今日訪れた農家の庭で見つけて撮らせて貰った。紫色の普通の菊だがこの寒さの中で元氣一杯だった。菊の種類の多さには驚いている。この菊についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると一般的に、キクといえば栽培されているものを指すが、これは和名をキク(またはイエギク Dendranthema grandiflorum (Ramatuelle) Kitam.)という。野生品は存... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/12/06 17:54
悠々クラブ総会
町内会の悠々クラブ総会が飯坂温泉「葵館」で行われ10年も続いた役員が交代して新役員となった。総会は午前11時から行われ事業経過報告や決算報告があり来年度事業計画や予算などが承認され新役員を承認して散会となった。午後には忘年会に移行し和気藹々の中終了となった。夜6時半からは近くの居酒屋で新旧役員会を行うことになった。そんな今日なのでブログはお休みとしたかったがほろ酔いの中で書いてしまいました。失礼があったらお許し下さい。写真は花見山で撮ったヒイラギナンテンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/12/04 17:43
大作山
福島市飯坂町にある大作山は生活環境保全林の指定を受け車道や遊歩道が整備されるとともに「泉の森」と名付けた森や{ひめさゆりの丘」が整備されていて家族連れで一日楽しめる森となっている。花の季節には野草たちが色とりどりに競い合う姿は見事なものであると聞いたが野草たちの咲き競う時期にはまだ出会ったことが無く残念に思っていする。今日は紅葉が終わって落葉の季節となった泉の森を見て頂くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2008/11/29 17:08
パンジー
昨日は横浜に出かけていて留守になりブログをお休みしました。東北新幹線は大宮まで立ちっぱなし。さすがに66キロの体重を支えるのが辛かった。そんな今日の万歩計の歩数が11,654歩だった。公共の乗り物で移動すると乗り換えが多くなり階段の昇降や移動距離が長くなって知らないうちに歩くことなるようだ。そんな今日は寒さに強く真冬の外気にさらして置いても花が咲き続けるパンジーの植えたばかりの姿を見てください。パンジーは品種改良がすすみカラーも色々八重咲きのものが出回るようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/11/23 06:43
今朝の霜と庭のヤブラン
今朝も冷え込み青空駐車場に駐車しているマイカーが真っ白に霜が付いていた。そんな車の写真は取り忘れたが農道脇の草むらにも霜が付いていて陽光が当たったばかりなのに霜の形が崩れていたが今朝の霜を撮ることが出来た。セイタカアワダチソウはマイナス気温には勝てず霜枯れが目立ってきたが背が低いものはまだ元気な物が有った。午後の撮影だが庭のヤブランの実が真っ黒でぴかぴかに磨いたような輝きがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/21 19:04
サザンカ
吾妻山麓の農家の庭に咲いていたピンクの「サザンカ」が綺麗だった。周囲には「ヨイマチグサ」やオニノゲシも咲いていた。一度霜の被害が有ったようで陽に当たって萎れかかっていた。サザンカについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとサザンカ(山茶花、学名:Camellia sasanqua)は、ツバキ科の常緑広葉樹。秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせる。野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白であるのに対し、植栽される園芸品種の花の色は赤から白まで様々である... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/11/17 16:29
オニアザミ
一昨日の雲海撮影から帰る途中に未舗装県道の法面に元気よく咲き続けている「オニアザミ」を見つけて撮ってきた。このオニアザミについてフリー百科事典『ウィキペディアによるとオニアザミ(鬼薊、学名: Cirsium borealinipponense )はキク科アザミ属の多年草。オニアザミの分布域は比較的広く、北陸から東北にかけての日本海側の山地の草原に見られる。と書いてあるが此処福島はどちらかと言うと太平洋側の影響を受けやすい地なのだがもしかしたらオニアザミではなく別物かも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/15 17:30
ヤツデ
庭にヤツデを移植して5年になったがこの秋初めて花咲いた。このヤツデについてフリー百科事典『ウィキペディアによるとヤツデ(八つ手、学名:Fatsia japonica)は、ウコギ科の常緑低木。20cm以上もある大きな葉をつける。葉はつやがあり、やや厚手。形は文字通り掌状だが、7つまたは9つ(奇数)に裂けており、8つに裂けることは無い。学名のFatsia は日本語の「八」(古い発音で「ふぁち」か)または「八手(はっしゅ)」に由来するという。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/11/14 20:50
銀杏並木
今日は10時まで仕事があったがそれ以降の予定なしとなって暫くぶりに銀杏並木の夜間照明をしているという福島市の運動公園に行った見た。真っ黄色の黄葉が進んでいた。家族連れやお友達との楽しい一時を過ごしている人たちが沢山いた。並木に可能な限り人影を裂けたがどうしても多くの人たちがいると人影はつきものになってしまうことが分った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/11/11 15:50
ヘビイチゴ
この時期には珍しく「ヘビイチゴ」が咲いていた。ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Duchesnea chrysantha)は、バラ科ヘビイチゴ属の多年草。またヘビイチゴの近くには「カタバミも咲いていた。原産国は全世界だそうである。花期は5月から9月と成っているが今は霜降る11月である。地球温暖化の影響が出ているのだろうか。白花蒲公英の外苞がめくれていると西洋蒲公英との交雑種を気になさっていた「目黒のおじいちゃん」のご希望により再登場させます。この白花蒲公英はご覧のように外苞がめくれていないので交雑種ではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/10 17:48
オニノゲシ(鬼野芥子)
このところの冷え込みにも平気な様子で一寸した日だまりにオニノゲシが咲いていた。このオニノゲシ(鬼野芥子、学名:Sonchus asper)は、キク科の越年草なので、ある程度寒さには耐えられるのかも知れない。そんなオニノゲシの蜜を求めてやって来た蜂が気になった。つまりこの蜂の名前が分からないのでミツバチの仲間なのか普通の蜂なのかは不明のままとなってしまった。調べてみたが手持ちの図鑑では名前を特定できなかった。その近くで白い蒲公英を見つけて撮ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/11/09 20:33
10月桜
桑折町の松原寺参道に咲く10月桜は9月末頃から咲き出していたが葉が茂っていて撮りにくかったので我慢の日々が続いていた。先日の降霜の影響があったのだろうか葉が殆どか風に飛ばされてようやく花が撮りやすくなったので撮って来た。この10月桜は厳寒期でも花数は少ないが咲き続ける花なのである。吉野桜が咲く時期にも咲く花なので珍しい桜です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/11/07 18:15
アカザ
裏の河原にまだ元氣良く咲いている「アカザ」を見つけて撮ってきた。普通のアカザと違って背丈が低く最初見つけたときには名前が分からなかったが「植物園へようこそ!」の画像掲示板で調べて頂いた結果」アカザ」にほぼ間違いないことが解った。またツユクサがつい先日まで咲き続けていたが種子が大きく育ってはち切れそうになっていた。アレチウリも同じで花は終わったが覆い被さって枯らした蓬の上で実りの秋を迎えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/11/04 17:39
堤防で見付けたもの
昨日は農道で見つけた花を紹介しましたが、今日は摺上川堤防で見つけたオオイヌノフグリを見て下さい。オオイヌノフグリは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、オオイヌノフグリ、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。花数の少ないこの時期少しでも蜜を集めようとしているのだろうか「オオモンツチバチ」がオオイヌノフグリの蜜を集めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/11/01 17:12
農道に咲く花
果樹園の農道を歩いていて見つけた花を撮りました。何種類もありましたが今日は3種類を見て頂きます。春先からまだ咲き続けている「ハルジョオン」や「ヤマハハコ」も咲いていた。畑には雑草に混じって「コハコベ」も咲いていた。最初のハルジョオンは、キク科ムカシヨモギ属の草である。「コハコベはナデシコ科、ヤマハハコ(山母子、学名:Anaphalis margaritacea )はキク科ヤマハハコ属の多年草。雌雄異株と資料には書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/10/31 18:32
河原の花
朝晩かなりの冷え込みとなって北海道では平地の市街地にも降雪が見られたりに三日前には吾妻小富士に初冠雪が見られたり厳しさが増してきた。そんなこの頃だが摺上河原にはまだ春から咲き続けている花があった。アカツメクサがその代表的ものである。ママコノシリヌグイ、コスモスの他セイタカアワダチソウや西洋タンポポなどが咲いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/10/30 17:24
イソギク
庭の片隅に植えて有るイソギクは去年繁茂しすぎて、この春に一部刈り取った。そのため今年は去年のように沢山花を付けなかったが少しだけ咲いてくれたので写真に撮ってみた。大量に切り取り過ぎたので見ても寂しい限りだ。まだ花を開かないがヤツデの大きめの花が可成り伸びてきているのでもう少しで開花するのかも知れない。オモトの実も赤味を帯びてきて実りの秋を思わせるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/10/29 16:48
セイタカアワダチソウ
今日から今年度第1回パソコン教室が開幕するので気ぜわしい夜明けとなった。受講者の名簿作成や講師紹介用名簿を作ったり忙しい中買い物を頼まれて出かけた先でマイカーのバッテリー上がりで動けずJAFの助け船の世話になったり、午後1時の開講時間が気になったがなんとか間にあった。今週から来月いっぱい続くことになった。そんな今日少しの時間を見つけて摺上河原で見つけたセイタカアワダチソウを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/28 17:24
菊の花
菊の花が真っ盛りとなってきた。野菊類も綺麗だが園芸用のキクが沢山出回っている。先日知人から頂いたキクの名前は分からないが綺麗に咲いたので見て頂くことにした。菊の花は多種多様となって見る人の目を引いているが名前が分からないものが多いのであえて調べないで総称的に「菊」としてみて頂くことにしました。そんな今日は余技作品展に出展していた撤収作業があって福島市民会館に行って後片付けまで手伝ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/27 17:28
クサノオウ
昨日行った茂庭の国道399号線沿いで春に咲くはずの「クサノオウ」が咲いていたので撮ってきて調べたら、花期は長く5月頃から咲き出して、10月過ぎまで場合によっては11月まで咲く可能性のあることが分かった。このクサノオウの「萼」が弾けて開花直後の花に遭遇してクサノオウの開花の仕方が普通の花と違うことが分かった。普通花は萼が開いた中から花が出てくるのだがこの花は萼の弾け方が変わっている。写真で見ると一目で解ると思うので説明は省略しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/19 15:39
鳩峰峠
国道399号線を鳩峰峠まで行って見た。この峠一体は終戦直後の昭和26年に牧場として開設されて以来福島県の関わった牧場として平成6年まで使用されていたのだが使われていたが、その後吾妻高原牧場が開設されて廃止になった。廃止に当たって牧草地に植林をして自然に帰るのを待っているのだろうが、高原の荒れ地故植林の木々の生育がおまり良くないようであった。そんな鳩峰峠で撮った花を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/18 17:46
ノコンギク
今日は比較的標高が高い場所で見つけた花たちを見てください。その中にノコンギクやシオン等また白い小さな菊の花が目立っていました。ノコンギクは本州から九州に生育する多年草でヨメナによく似ている。科名:キク科/属名:シオン属、和名:野紺菊/学名:Aster ageratoides var.ovatus、野原、土手、山地など普通に自生 する。キク科シオン属のシオン、ノコンギク、タマバシロヨメナ、ゴマナ等が有ると言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/17 17:28
トリカブト
一昨日安達太良山麓でトリカブトを見つけて撮ってきた。このトリカブト一株だけで他には見あたらなかった。艶があり綺麗に輝いていた。全草が猛毒とは思えない綺麗さだった。他にアカツメクサもこれから満開になところだった。ナギナタコウジュも咲いていた。数は少なかったがまだ元氣良く咲いていた露草には目を奪われた。このトリカブトについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとトリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称。日本には約30種自生している。 花の色... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2008/10/12 18:13
ウメバチソウ
一昨日姥湯温泉に行く途中に写した野草を紹介します。昨日はヤマハハコを紹介しましたが今日はウメバチソウ他を見てください。このウメバチソウは、日本各地の日当たりが良い山地や湿地に見られる多年草。根生葉が束生し、茎のほぼ中央にハート形の葉が1枚茎を抱くようにつく。8〜9月、茎先に径1〜3センチの花を1個咲かせる。中央に雌しべが一つその周りを5つの雄蘂と先が細かく裂けた仮雄蘂が囲み、白い花弁には緑いるの脈が目立つ。ガクは5つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/11 17:45
ヤマハハコ
昨日の紅葉狩りの時標高1230メートルで見つけた「ヤマハハコグサ」を見てください。去年まで姥湯温泉の駐車場だった周囲に沢山咲いていたのだが、今年はこの場所で拡張工事があっようで削り取られて極端に減っていた。残っている『ハハコグサ』が増殖を続けて早い時期に元通りになって欲しいと願うしかない。このヤマハハコグサについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、ヤマハハコ(山母子、学名:Anaphalis margaritacea )はキク科ヤマハハコ属の多年草。雌雄異株日本で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/10/10 19:20
シュウメイギク(秋名菊)
今月2日には蕾だった秋名菊が昨日は開花して綺麗だったが撮影できずにいた。今日も出かけていて薄暗くなってから帰宅したので急いで撮ったが、何とか見られると思いますので見てください。この秋名菊について、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、シュウメイギク(秋明菊) とは、キンポウゲ科の植物の一種。別名、キブネギク(貴船菊)。学名Anemone hupehensis var. japonica 。 名前にキクが付くが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間である。多年草で開花期は秋、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/10/08 18:21
アレチウリ
アレチウリは外来種で歴史は比較的新しいのだが今や全国に広がって名前の通り荒れ地の在来種に覆い被さって増え続けている植物である。このアレチウリについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、アレチウリ(荒れ地瓜、Sicyos angulatus)はウリ科の大型のツル植物で1年生草本。北米原産で日本では本州以南で帰化植物として知られ、特定外来生物に指定されている。白い花は雄花と雌花があり、雌花は球状、雄花は球状にはならない。花期は8月から9月で、花の後には白いトゲに覆われた... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 20

2008/10/07 09:26
ミョウガ
今日は庭の妙科の花が咲いてので撮ってみました。夕方5ジス場の撮影なので光量不足のようです。このミョウガについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、ミョウガ(茗荷)はショウガ科の多年草。学名Zingiber mioga。東アジア(温帯)が原産。日本の山野に自生しているものもあるが、人間が生活していたと考えられる場所以外では見られないことや、野生種がなく、5倍体(5n=55)であることなどから、大陸から持ち込まれて栽培されてきたと考えられる。花穂および若芽の茎が食用とさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/10/01 17:44
シュウカイドウ
隣の境の庭にシュウカイドウが咲いていた。これが最後の花になりそうな感じだがまだ元氣に咲いている。このシュウカイドウについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとシュウカイドウ(秋海棠、学名 Begonia grandis ssp. evansiana)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国語名「秋海棠」の音読み。ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれると書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/30 15:53
ムラサキツユクサ
間もなく10月となる今日も会津の帰りに吾妻山麓の農家に立ち寄った。主人は梨の「豊水」や20世紀の収穫に忙しいようだった。そんな中にお邪魔して庭にまださ咲き続けている「ムラサキツユクサ」と「ノコギリソウ」を見つけて撮ってきた。ムラサキツユクサの花期は終わったものとばかり思っていたのだが調べてみると6〜9月と以外と長い花期であることが解り狂い咲きではないことが判明した。それにしてもまだ蕾がかなりあるのでもしかしたら降霜時期まで咲き続けるのかも知れないと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/29 16:56
秋咲きダリヤ
秋咲きダリアが咲き始めました。このダリヤは日本には1842年(天保13年)にオランダ人によってもたらされた。花の形が牡丹に似ているため、天竺牡丹(てんじくぼたん)と呼ばれた。そんなダリヤの秋咲きがあることは知らなかった。普通のダリヤは7月頃に咲いているがこのダリヤは間もなく10月の声が聞かれるようになってから咲き始めた。私には珍しい花でもあるので見て頂くことにしました。ダリヤにも色や形によってそれぞれ名前があるのだと思うが総称的にダリヤとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/28 17:40
ヒガンバナ
大げさかも知れないが今日は雨模様の中、悲願のヒガンバナの撮影に出かけてきた。桑折町松原寺参道に満開にはまだ早すぎる感じのヒガンバナを撮ることが出来た。このヒガンバナについて手持ちの資料によれば、中国から渡来したものが日本各地に分布している。墓地に植えられることか多いため、仏様花、死人花、霊花などの別名がある。秋の彼岸の頃、直立した花茎の先端に放射状に花柄を出し、4〜6個の花を咲かせる。花期には葉が付かず、花後線形の葉が伸びてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2008/09/26 13:17
ママコノシリヌグイ白花
不思議なもので見つかり始めると次々と見つかるものだ。先日は赤花のママコノシリヌグイを紹介しましたが、今日は白花を見つけましたのでみてください。和名「継子の尻拭い」は、この草の棘だらけの茎や葉から、憎い継子の尻をこの草で拭くという想像から来ている。韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれていると言う。このママコノシリヌグイの白花は西吾妻スカイバレーの頂上の展望台付近に沢山咲いていたものを撮りました。標高1,404メートルと表示してありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/09/25 17:21
アキノノゲシ
昨日旧西吾妻スカイバレーで撮った「アキノノゲシ」を紹介します。このアキノノゲシは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、アキノノゲシ属(秋野芥子、Lactuca)とはキク科の属。どの種も1m近く迄高く伸びるのが特徴。頭花は黄色から白、まれに紫で、すべて舌状花からなる。痩果は楕円形で扁平、冠毛は細い。北半球を中心に約100種。野菜として重要なレタスも含む。英語のLettuceはラテン語名Lactucaに由来する。と書いてある・アキノノゲシは今が真っ盛りなのか標高500〜1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/24 18:18
サラシナショウマ
今朝会津に出かけて昼過ぎに所用が終わったので途中昼食を摂って裏磐梯の檜原湖を眺めてから旧有料道路「西吾妻スカイバレー」経由で帰宅した。途中で磐梯山を撮ろうとしたがガスが懸かっていてよく見えず断念した。檜原湖周回道路の法面に白く見える花が有った。近づいてみると「サラシナショウマ」だった。またその周りには「ヒメジョオン」や「シオン」が咲いていた。この「サラシナショウマ」は学名:Cimicifuga simplex、 園芸分類:多年草、 科/属名:キンポウゲ科サラシナショウマ属、 花期:8〜10月、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/09/23 17:52
ママコノシリヌグイ
今年はママコノシリヌグイを見かけていなかったがようやく現物確認が出来た。このママコノシリヌグイについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「ママコノシリヌグイ」(継子の尻拭い、Persicaria senticosa)は、タデ科イヌタデ属(またはタデ属)の植物。トゲソバ(棘蕎麦)の別名がある。漢名は刺蓼(シリョウ)。東アジアの中国、朝鮮半島から日本の全土に分布する1年草。やや湿り気のある林縁や道端などに生える。他の草木などに寄りかかりながら蔓性の枝を伸ばし、よく分岐... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

2008/09/22 18:15
ヤブツルアズキ(薮蔓小豆)
福島・宮城県境近くの小坂峠付近で見つけた「ヤブツルアズキ」を見てください。このヤブツルアズキは本州、四国、九州の草地に生えるつる性多年草。実は食用の小豆と同じ感じだが実は食用の小豆より可成り小さく黒ずんでいる。どうやら食用にしている小豆の原種のようである。手持ちの図鑑にはヤブツルアズキ日程は何も書いてなかった。マメ科ササゲ属の植物である。昔子供の頃生家で作っていたヤブツルアズキの実に似た黒ずんだ色の小豆を栽培していたがこの原種に近いものだったのかも知れない。蔓性では無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/21 18:49
チャバネセセリ
先日宮城蔵王に行ったときアザミの花で吸密中のイチモンジセセリとチャバネセセリの写真だけ紹介しました。今日宮城県七が宿町のタ゜ム湖遊園地の階段で羽を休めているチャバネセセリを見つけて撮りましたので見てください。このチャバネセセリについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとチャバネセセリ(茶羽挵、学名 Pelopidas mathias)はセセリチョウ科に分類されるチョウの一種。年3-4回、6-11月頃に発生する。幼虫で越冬する。本種を含むセセリチョウ類の特... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/09/20 17:36
オオダイコンソウ
このオオダイコンソウは何時もの場所を探し回っていても見つからなかった花で福島県と宮場県境小坂峠付近で見つけた。このオオダイコンソウは低地〜山地の草地などに生え、茎の高さは60〜100センチほどで、全体に粗い毛がある。枝先に直径1〜2センチの黄色の花を数個つける。花弁は5個で花柱は長く、腺毛がない。根生葉は奇数羽状複葉で、頂小葉は大きく、先がとがり、粗い鋸歯がある。和名は大型のダイコンソウを意味し、根生葉が大根の葉に似ていることによ.る。花期:6〜9月(資料によっては6〜8月とも書いてある)  分... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/09/19 16:02
ノコンギク
ノコンギクの仲間の代表種ノコンギク他をご覧下さい。山野の道ばたや土手などでよく見られる多年草。互生して付く葉は、楕円形でふちにギザギザがあり、毛が生えている。枝分かれした茎の先に付く花は青紫色で真ん中には多数の筒状花が半球状に集まり、まわりには15〜20枚の舌状花が囲むようにつく。花の背後には3列に並んだ総苞片がある。と手持ちの資料にかいてあった。学名:Aster ageratoides var. ovatus、園芸分類:多年草、 花/属名:キク科シオン属、 花期:8〜11月、 草丈:40〜10... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/09/18 15:55
女郎蜘蛛(ジョロウグモ)
隣の庭の境に木槿の花が咲いているので写真撮りに行ったら蜘蛛の巣に触り蜘蛛が巣の中央で大きく上下に揺すり始めた。此処は俺様の巣だぞ!!と言わんばかりに揺すっていた。この蜘蛛は調べたら「ジョロウグモ」と解った。どうやら雄蜘蛛のようである。このジョロウグモについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によにると、ジョロウグモ(女郎蜘蛛、 上臈蜘蛛Nephila clavata )は、クモ綱クモ目アシナガグモ科に属するクモである。夏から秋にかけて、もっとも目立つクモである。北海道を除く... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/17 17:47
返り咲き
春に咲いた花がこれで三度目の返り咲きとなった「ホタルブクロ」の白花を紹介します。庭の片隅に地植えしてあるホタルブクロが春に咲き、夏に咲き今また咲いている。 ホタルブクロの学名:Campanula punctata、 園芸分類:多年草、 科/属名:キキョウ科ホタルブクロ属、 花期:6〜8月、 花色:紅色系と白系、 草丈:40〜80p、 生育地:日本全土。日本各地の野山で多く見かける多年草。根生葉は、ハート形で花が咲く頃枯れて無くなり、茎に付く葉は、縁がギザギザで楕円形で互生する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/16 15:24
イタドリ
今日は敬老の日で町内会会員や会員家族の古希の祝いを7名の方に会長、副会長同伴で家庭訪問をして配ってきた。皆さん古希の祝いを喜んで受け取られていた。世界一とも言われる長寿国日本の現在70歳と言っても自分が子供の頃には可成りのお年寄りに見えていたが皆さんあの頃の50歳くらいにしか見えない。長寿の所以である。今日の花は先日の宮城蔵王で撮った写真がまだ残っていたので見てください。説明は抜きとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/09/15 16:19
ニラの花
昨日会津に行った帰りに吾妻山麓の農家に立ち寄ったらニラの花が咲いていたので撮らせて貰った。このニラについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればニラ(韮、韭)は、ユリ科ネギ属の多年草。緑黄色野菜。夏には葉の間から30-40cmほどの花茎を伸ばす。花期は8-10月頃。花は半球形の散形花序で白い小さな花を20-40個もつける。花弁は3枚だが苞が3枚あり、花弁が6枚あるように見える。雄しべは6本、子房は3室になっている。子房は熟するとわれて黒色の小さな種を散布する。と書いてある... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/09/14 16:37
シロバナトウウチソウ
この花も宮城蔵王で見つけた「シロバナトウウチソウ」でワレモコウ属で白花である。この写真はお釜の近くで撮ったものですが、もう少し下の不帰滝=写真1枚目、「標高1,400メートルの展望台から撮影」、の手前「コマクサ平」にも咲いていたが遠目で撮れなかった。またコマクサも3株ほど咲いていたがレンズが届かずよく見えませんがこの時期に咲いていたことの確認にはなると思って撮りました。「シロバナトウウチソウ」はバラ科、ワレモコウ属、学名:Sanguisorba albiflora。本州(東北地-方)。日本固有種... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/13 18:21
ミヤマアキノキリンソウ
今日の花は高山植物と思われる「ミヤマアキノキリンソウ」をご覧下さい。2枚目と3枚目は標高山1,600メートル地点で撮りました。4枚目は宮城側の滝見台周辺標高おおよそ700メートル地点で撮った「オトギリソウ」です。このミヤマアキノキリンソウについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 によると、ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草、学名Solidago virgaurea var. leiocarpa)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草。高山植物。花期は7〜9月で、本州中部以... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/09/12 16:58
ヤマハハコ
約1,700メートルの蔵王のハハコグサを見てください。このヤマハハコは群生状態ではなかったがぱらぱらと少しずつ離れて咲いていて最初は遠目でしか観ていなかったので何の花か見分けで付かなかった。このヤマハハコについては手持ちの図鑑には掲載されていなかった。高山の花図鑑ではないからかも知れない。このヤマハハコは : キク科ヤマハハコ属、: 北海道、本州の中部以北、: 多年草、: 草丈 20〜70cm、: 花の直径 1cm。低地では観ることが出来ない花のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2008/09/11 15:54
クジャクチョウ(孔雀蝶)
昨日宮城蔵王コマクサ平(約1,400メートル)からさらにの上の駐車場には沢山のナンブアザミが咲き乱れていて孔雀蝶やイチモンジセセリ、チャバネセセリが吸密に余念がなかった。今日はその三種の蝶達をご覧下さい。孔雀蝶についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、クジャクチョウ(孔雀蝶) Inachis io は、チョウ目(鱗翅目)・タテハチョウ科・タテハチョウ亜科に分類されるチョウの一種。名の通り翅の表側にクジャクの飾り羽のような大きな目玉模様(眼状紋)を持つ。ヨーロッパから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/10 16:41
リンドウ
暫くぶりに宮城蔵王のお釜を観てきた。蔵王の標高は1841メートルとなっているが頂上付近まで入ったが途中で引き返した。お釜の写真が目的だったので撮影場所を捜しているうちに気がつくといつの間にか頂上まで後30メートルくらいまで昇っていた。それ以上昇っても良い場所がなさそうなので戻った。帰ってから調べたらもっとお釜の良く見える場所があったようなので次回か一気に頂上を目指して観ることにした。定番の撮影場所からのお釜の写真ですがご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2008/09/09 17:48
サギソウ
つい先日サギソウに付いて綴ったが、今日もサギソウについて綴ることにしました。サギソウは左右対照的な花であるのでいろんな操作をしてみて画像の形を変えたりして楽しんでいる。今日は撮った写真をミラー処理してみたら、ご覧のような人形の顔に近い写真となりました。妻が珍しがって今日の悠々クラブ懇親会でみんなに見せて回っていた。皆さんもどうぞご覧になってください。どちらも人形の顔に見えませんか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2008/09/08 16:23
ボタンクサギ〔牡丹臭木)
去年もボタンクサギが咲いて8月16日に綴ったが今年は真夏を実感出来る日が少なく少し気温を高くした梅雨空の連続だったからなのか約3週間遅れの開花となった。去年は2週間以上早く咲き今年は去年より3週間遅れで開花となった。このボタンクサギは学名:Clerodendrum bungei  別名:ヒマラヤクサギ(ひまらや臭木),ベニバナクサギ(紅花臭木)  原産地:中国南部,印度北部  花期:夏  耐寒性の落葉低木です。クサギ(臭木)の仲間なので,葉には異臭がありますが,花はいい匂いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/07 16:06
キバナアキギリ
今日の撮影行程100キロメートル、市内水原地区で「キバナアキギリ」や「ツリフネソウ」の群生場所から土湯温泉経由して二本松市の奥岳まで行ってさらに遠藤が滝から岳温泉そして二本松へと移動して国道4号線を我が家へのコースで総行程が100キロメートルとなった。水原地区で撮った「キバナアキギリ」と「ツリフネソウを見てください。キバナアキギリは科名:シソ科・属名:アキギリ属・和名:黄花秋桐・学名:Salvia nipponica。  本州、四国、九州の日本全土の山地、沢などの木陰に咲く。と資料には書いてあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/09/06 17:01
イワアカバナ
イワアカバナも比較的高所に咲いているようだ。写真の赤岩花は標高1,100メートルくらいの地点で撮った。色は白、薄紫この花のようなピンクと3色が図鑑などで確認出来た。「高山に咲く花」という図鑑を見ると、 アカバナの仲間には、ミヤマアカバナ、アシボソアカバナ、ヒメアカバナ、イワアカバナなどがあります。全部で15種類ほど有るようですが、写真で確認出来るものが少ないので残念です。深山赤花もこのイワアカバナに似ていますが花弁の形に若干の違いが有るようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/09/05 17:06
ナナカマド
毎年ナナカマドの紅葉は他の樹に先がけて紅葉が始まるが今年も始まった。一日の防災の日には天気が良かったので猪苗代町の天鏡台に行ってみた。靄が懸かっていて猪苗代方面の見通しは今一だったが思った通りナナカマドの紅葉が始まっていた。この天鏡台は「昭和の森」とも言われている。昭和46年にこの地で昭和天皇ご夫妻を招いて植樹祭が行われたことがあって「昭和の森」と呼ばれるよえうになった。この日昭和の森では作業員が天皇。皇后両陛下がお手植えになった松林の下草刈りに汗を流しいていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/09/03 15:24
サギソウ
庭のサギソウが漸く咲き始めた。8月10日にご近所のサギソウを撮らせて貰って見て頂いた。あれから3週間漸く庭の斑入りのサギソウが咲き出した。斑入りと言っても花ではなく葉に白い斑が入っているのでこのような表現をしました。サギソウは日当たり・風通しがよい湿地や草原に生える多年草。花が美しく、園芸用にも栽培されています。葉は線形で3〜4枚互生してつく。花は径やく3pで長い距が目立ち中に虫を呼ぶための甘い蜜が入っている。白鷺が両翼を広げたような花の形からこの名が付いたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/09/02 16:53
ナンブアザミ
アザミについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとアザミ(薊)は、キク科アザミ属(Cirsium )に属する双子葉植物の総称。標準和名を単にアザミとする種はない。スコットランドの国花。世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。と書いてある。今日ご覧頂くアザミは国内に100種以上有る中で「ナンブアザミ」でほぼ間違いないものと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/09/01 17:40
オトギリソウ
旧国道115号線土湯峠は1,000メートルを超える冬の難所と言うより通行止めとなって、冬期間は長い眠りについていた。冬期間も通れるように土湯トンネル全長3,360メートルが出来た。計画から25年を要した工事となって2007年3月に全線開通となって、冬期間も山越えが可能となった。その道路を旧道に向かうと頂上は磐梯吾妻スカイライン入り口である。この入り口から福島側に下ると幕川温泉や赤湯温泉また道路沿いには鷲倉温泉、新野地温泉、野地温泉が立ち並んでいる。その道路沿いにオトギリソウを見つけて撮ってきた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/08/31 17:39
ソバ
この辺りでは十割蕎麦と言われる混じりっけのない100パーセントそば粉を使って食べさせてくれる蕎麦屋が多くなった。そんな蕎麦のの花を昨日会津に行った帰りに猪苗代町翁島地区で休耕田を利用して栽培していて今が満開だった。蕎麦というと蕎麦打ちを思い出すが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にも蕎麦打ちについて記述があるので覗いてみてください、蕎麦以外の花は国道115号線の旧道で見つけた花です。珍しい花ではないと思いますがご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/30 16:18
大輪フウロソウ
フウロソウの仲間にはハクサンフウロ、ゲンノショウコなどがある。本州中部の亜高山帯の草地に生える多年草。ややゆ多湿を好み茎は高さ60〜80センチになる。花は5深裂し、各裂片はさらにの細裂する。花は葉脈や茎先に出る集散花序につく。花色は紅紫色で、美しい。と手持ちの図鑑に書いてあったが、この花は園芸用に人工的に改良された花のようで、大輪フウロとわかった。花の形はゲンノショウコにそっくりである。赤、白、ピンクの3色をご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/08/29 17:43
エンビセンノウ(燕尾仙翁)
エンビセンノウは山地の草原にまれに生える多年草です。北海道、本州の長野県などの山地の草原に生える多年草と資料には書いあるが、ここは福島県、東北最南端の県である。此処にも咲いていました。株数は少なかったが真っ赤な花が咲いていた。多分長野県以北の山地の草原に分布しているものと思う。葉は被針形で対生し、長さ3〜8p、幅1〜2p、濃紅紫色で径3pの花は茎先の集散花序につく。花弁は5枚で4つに裂け両端の裂片は細く短くなっている。花名が「○○○センノウ」と付いているのは殆どがこの花の仲間だと書いてあった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/28 17:17
イワナンテン
先日会津の猪苗代町中ノ沢温泉から石筵に行く途中県道沿いの少し奥に万葉の庭があり立ち寄ってみた。この時期は花数が少なかったが春夏秋冬2.000種にも及ぶ花が咲くという。このとき室内で小物盆栽展が開かれていて見せて貰ってきた。その中で「イワナンテン」が気に入って何枚か撮った写真のうちの一枚を見てください。このイワナンテンは、ツツジ科 イワナンテン属、学名:Leucothoe keiskei 、名前の由来は葉が南天の葉に似ていることから付けられたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/27 16:33
セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウは最近至る所で目につく花になった。この花は低地の花と思っていたらそうでもなくなったようである。この写真撮影場所は標高550メートルの山岳部だったからだ。この花について、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、セイタカアワダチソウ(背高泡立草、学名:Solidago canadensis var. scabra)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草。北アメリカ原産で、日本では帰化植物(外来種)であり、ススキなどの在来種と競合する。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/08/26 15:27
霧の林道
このところ毎日肌寒く雨が降っていて、一寸止んだ隙を狙って吾妻山麓の林道に出かけてみた。目的はトリカブトの開花状況調査だったが開花していたのはたった一株だけだった。本格的な開花は9月上旬に成りそうだと思う。この場所のトリカブトは花か小さいが沢山の花を付けるので見応えがある。それに道沿いの林縁に群生状態となっているので満開になると青紫の花が目立つようになる。山は霧が懸かって小雨が降っていて周囲の草丈も高かったので車窓から撮ったのでピンぼけ気味の写真ですが見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/25 16:39
ツユクサ(露草)
空き地や道路などで良く見かける「ツユクサ」は、手持ちの資料によれば、学名:Commelina commnnis、別名:ボウシバナ(帽子花)、園芸分類:一年草、科/属名:ツユクサ科ツユクサ属、花期:6〜9月、草丈:20〜50センチメートル、生育地:日本全国、名前の由来:万葉の当時、ツユクサの花弁の汁を布の染色に用いたところから「つきくさ(月草)」となり、転訛とされる。葉は笹の葉状で長さ5〜8Cm。基部は茎を抱き、互選する。雄蘂は花粉を出さない短い雄蘂が4本、花粉を出す長い雄蘂2本、雌しべT本が花の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/08/23 17:15
ゲンノショウコ
このゲンノショウコは標高450メートル地点の山岳道路で見つけた花である。このゲンノショウコについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、ゲンノショウコ(現の証拠 Geranium thunbergii)は、フウロソウ科の多年草。日本では北海道の草地や本州〜九州の山野、また朝鮮半島、中国大陸などに自生する。生薬のひとつであり、植物名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する。玄草(げんそう)ともいう。ゲンノショウコはドクダミ、センブリなどと共に、日本の民間薬の代表格である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/22 22:54
ススキ
どこでも見られるススキの穂が開いてたが花は咲かなかった。里山のススキは花開いた物が多いススキだがこのススキの生息地は林道路側で見つけた茅で標高600メートル地点の物だ。この茅の少し下にはツリフネソウの赤と黄色が咲いていた。もう少し標高の低いところにはフシグロセンノウも咲いていた。このススキ(芒、薄)とは、イネ科ススキ属の植物。で広くほぼ全国に分布している多年草だ。草丈は2mほどにもなり、カヤ、オバナとも呼ばれ、秋の七草の一つである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/08/21 17:03
キンミズヒキ
標高400メートル付近の林縁でキンミズヒキやシロザ、アカソなど珍しい花ではないが撮ってみたので見てください。このキンミズヒキは科名:バラ科/属名:キンミズヒキ属、和名:金水引、学名:Aqrimonia pilosa、本州、四国、九州などの林の縁、原野、路傍に普通に見られる多年草。このキンミズヒキは薬草として利用されていて生薬名は龍牙草(りゅうげそう)又は、仙鶴草(せんかくそう)。抗菌、消炎、鎮痛作用もあり、健胃、下痢止めや血小板増加による血液凝固促進と止血作用等があるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/08/20 18:20
ヒカゲノカズラ
このヒカゲカズラも名前が分からず「植物園へようこそ」の画像掲示板に投稿して教えて頂いて名前が分かったものです。ヒカゲノカズラは「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」によるとヒカゲノカズラ(Lycopodium clavatum L.)は、山野に自生する多年草で、カズラという名をもつが、つる状ながらも他の植物の上に這い上ることはなく、地表をはい回って生活している。針状の細い葉が茎に一面に生えているので、やたらに細長いブラシのような姿である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/08/19 20:02
ホトトギス
暫くぶりに宮城県七が宿町から鎌先温泉経由で白石市に抜けて帰って来た。途中長老湖の駐車場で昼食を摂った後山側の法面を見たら白くて可愛い花が目に付いた。近寄ってみたらヤマジノホトトギスと分かった。こんなに沢山咲いているのを見たことがなかった。手持ちの資料山野草図鑑によると学名:Tricytis hirta (ホトトギス)、園芸分類:多年草、科/属名:ユリ科ホトトギス属、草丈:40〜100センチメートル、生育地:北海道、本州、四国、九州。花名の由来:花の斑点をホトトギスの斑点に見立てた。と書いてあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/08/18 18:30
レンゲショウマ
今日は標高600メートルの林道で見つけたレンゲショウマについて書きます。このレンゲショウマは手持ちの山野草の本によれば本州の太平洋側で見られる多年草。葉は1〜4回3出複葉で小葉は長さ4〜10p、ふちにはギザギザがある卵形。夏になると斜上茎の先に、経約3.5センチの花をやや下向きに咲かせる。花びらのようなガクは白色で7〜10枚、中央に淡い紫色・淡い桃色の筒状の花弁がある。蕾は丸形で小枝の先に付く。キンポーゲ科レンゲショウマ属。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/08/17 17:25
キツリフネ(黄釣船)
昨日見つけた「ハカゲツリフネ」の近くで「キツリフネ」と「ムラサキツリフネを見つけて撮ってきた。今日はムラサキツリフネとキツリフネを見て頂くことにしました。この「キツリフネ」についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとキツリフネ(黄釣船、学名 Impatiens noli-tangere)は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属に分類される一年生草本植物である。ユーラシア・北米大陸に広く分布する。日本では北海道・本州・四国・九州の低山から山地にかけて分布し、水辺などのやや湿った薄... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/16 15:43
ハガクレツリフネ
今年は毎年咲いているところで開花が確認できずにいたが今日は別の場所で見つけた。今日紹介するツリフネソウは白色である。このツリフネソウは手持ちの山野草の本によれば日本各地区水辺や沢沿いなどやや湿った場所を好む1年草、葉は先がとがった長楕円形で、縁には鋭いギザギザがある。花は紅紫色で茎の上部から出た細長い花序に、つり下がるように咲く。仲間にはキツリフネ、ハガクレツリフネ、ホウセンカなどがある。今日は白色のハガクレツリフネを見つけて撮ったので見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/15 18:15
二度咲きのノコギリソウ
今日は月遅れのお盆の14日、1月1日に永眠した妻方弟の新盆参りに行ってきた。帰りには小生の生家のお墓参りもしてきた。孫達二人も一緒に墓参りをしてくれた。郡山市と三春町を回って総行程160キロメートルだった。今日は農家の庭先で、二度咲きしているノコギリソウを見てください。咲き終わった花茎から新しい花茎が伸びて再び咲き出したものである。ミツバチが吸密していたので、咲き始めて間もない花だったと思っている。ノコギリソウについては7月15日に一度綴った花ですが再び登場させました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/08/14 18:47
キュウリ
今年のキュウリ栽培は梅雨時も降雨量が少なく生育が悪かったと聞いた。最初は温度管理のためビニールハウスの中だったが20度以上になった頃からビールハウスのビニールを知り外して自然の温度に委ねていた。このキュウリについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)はウリ科キュウリ属のつる性一年草。およびその果実のこと。かつては熟した実を食用とした事もあったが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/13 16:46
ナツズイセン(夏水仙)
今日は吾妻山麓の農家の庭に咲いていたピンクの花を見つけて撮ってきた。このナツズイセンはヒガンバナ科 ヒガンバナ属の花でヒガンバナの仲間なのである。手持ちの資料には写真だのっていて名前を紹介しているだけなのでコメントは何も書いていなかった。このナツズイセンは、別の資料によれば春に出てきた葉っぱが枯れた後で花芽が伸びてきて、よく似た彼岸花より1ヶ月以上早く8月頃に咲く。 花の名前は夏に咲いて花の形が水仙に似ていることからこの名が付いたと 説明が書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/12 17:44
コクリュウの実
庭のコクリュウが実を付けて黒真珠の輝きを見せ始めたが写真の取り方が悪くピンぼけとなったが一部はよく見えるので我慢して見て頂くことにしました。このコクリュウは花が落ちやすく満開を過ぎるとぼろぼろ落ちてしまうのが多いがこのコクリュウは実りが良く沢山実を付けてくれた。このコクリュウは、科名:ユリ科、属名:ジャノヒゲ属、耐寒性多年草、原産地:日本、名前は黒い竜の髭と言うことでコクリュウ(黒竜)と命名されたようだ。ヤブランも本格的に咲き始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/11 18:55
サギソウ
自宅のサギソウは葉が斑入りで開花が少し遅いので近所の家の鉢植えになっているサギソウを撮らせて貰った。斑入りのサギソウは開花まであと数日を要する感じである。このサギソウは学名:Habenaria radiata、園芸分類:多年草、科/属名:ラン科ミズトンボ属、花期:7〜8月、生育地:本州、四国、九州。名前の由来:白鷺が両翼を広げたような花の形からと資料に書いてあった。生育地は日当たり風通しの良い湿地や草原に生える多年草。今日も写真を加工した物を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/10 16:51
ヘクソカズラ(屁糞蔓)
庭に植えた覚えのないヘクソカズラがサツキの下から急に伸びてきて蕾を沢山付けていたが二三日前から咲来だしたので写真に撮った。写真を加工してみたら綺麗な模様となった。このヘクソカズラは山野草の本によれば日本全土の林内や藪などの日向で見られる多年草。蔓を長く伸ばし、ほかの植物などに絡んで成長する。葉は基部がハート形の楕円形、蔓に対生してつく。花期は8〜9月。長さ1センチくらいの筒状の花を多数咲かせる。学名:Paederie scandens、 別名:サオトメバナ、ヤイトバナ、園芸分類:多年草、科/属名... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/08/09 15:53
キイチゴ
先日北山林道を散策したとき地表近くで真っ赤に熟したキイチゴを見つけて撮ってきた。熟しすぎたが動物や鳥の餌と成らずに残っていたので食べてみたら甘酸っぱかった。このキイチゴについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとキイチゴ属(−ぞく 学名:Rubus)とは、バラ科の属の一つ。キイチゴ(木苺、Bramble)と総称される。ラズベリー (Raspberry)、ブラックベリー (Blackberry) などの栽培種群に代表される、数十〜数百種(研究者により大きく違う)が属する。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/08/08 15:56
ケキツネノボタン
人里では咲き終わったと思われる「ケキツネノボタン」を北山林道で見つけて撮ってきた。似たような花に「キツネノボタン」と言うのがあるのだがなかなか素人目には見分けが付きにくい花である。見分け方は、 そう果の先は曲がる程度で反転はしない。また小葉の裂片は幅が狭く互いに重なることはない点が、キツネノボタンとのちがいだと言うがわかりにくいのである。キツネノボタンの花期は4〜7月、ケキツネノボタンの花期は3〜7月と殆ど変わらないので素人の見分け方は尚更困難のようでふる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/08/07 16:33
オオウバユリ
昨日北山林道の路側で見つけたユリに似た花の名前が分からずインターネットで「植物園へようこそ」の画像掲示板に投稿して名前が分かった花が「オオウバユリ」だ。何時でも投稿を監視していてくれるのでしょうか投稿して10分も経たない内に回答が書き込まれた。その後何人かの投稿があって「オオウバユリ」と確定しました。このオオウバユリは本州の中部以北、北海道に分布し、やや湿り気のある林内、林縁に自生する。和名:オオウバユリ(ユリ科) 、学名:Cardiocrinum cordatum Makino。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/08/06 11:35
アシタバ
今日は奥羽山脈の中腹を走る北山林道を一旦李平に立ち寄って再び北山林道に戻って吾妻高原牧場に向かう途中に2メートルにも伸びた「アシタバ」を見つけ撮ってきた。この足場について、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、アシタバ(明日葉、Angelica keiskei)はセリ科シシウド属の植物。日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生する。葉と茎を食用にする。味に独特のクセがあるため、天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを殺す調理法がとられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/08/05 18:27
館ノ山公園の紫陽花
昨日昼前に飯坂温泉館ノ山公園(大鳥城祉)iにゆく途中の道路に3年前頃に植えたと見られる紫陽花が生長して去年辺りから花を付け始めて色とりどりの花が楽しめるようになった。紫陽花は梅雨明け後の低温続きで長持ちしたようだが今日はいきなり35度を超えたので日当たりの良いところでは萎れたかも知れない。写真の紫陽花も撮影が時期的に遅かったので元氣のないものもあると思いますが少し遅めの紫陽花を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/08/03 21:20
オトギリソウ
今日は飯坂温泉の館ノ山公園(大鳥城址)を訪ねてみた。途中オトギリソウやヤブカンゾウ、モントプレチア、紫陽花などが咲いていた。このオトギリソウに付いてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればオトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum)は、オトギリソウ科オトギリソウ属 の多年生植物。またオトギリソウにはタンニンが多く含まれており、全草を乾燥させたものを小連翹(しょうれんぎょう)と称して生薬として用いる。基本的には薬草であり、タカノキズグスリ(鷹の傷薬)、チド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/08/02 15:33
ラナンキュラス
実はこの花先日写真に撮ったが名前が分からず今日まで暖めていた。今日になって「ラナンキュラス」ではないかと思われてきた。ラナンキュラスの原種に近いものにゴールドコインがある。直径1〜2cmの小さい花で花びらが幾重にも重なる様子が分かる。自信があるわけではなく山野草の本をめくっていて写真が載っていてこの花だとページを止めた。原種に近いものとなるとそんなに多くはないようで偶然かタイミング良く巡り会えたようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/08/01 19:15
ヤブラン
今日気がついたのだが一本だけヤブランが咲いていた。このヤブランは学名 Liriope muscari 、科名 ユリ科、原産 日本を含む東アジア、別名 学名の「リリオペ」で呼ばれることもある。昔は「山菅」と呼ばれていだようです。日陰でも良く育つので育てやすい花です。今月6日に咲き始めたギボウシは毎日上へ上へと開花が進み昨日すべての花が咲き終わり今日は寂しい状態となってしまった。咲き始めの頃は花穂には若々しく勢いがありはつらつとした感じだったが今日の花穂は実も付いて無くて寂しい限りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/07/31 15:30
ストケシア
昨日国道115号線の中腹の吾妻地区で自家製の蕎麦を食べてきたがそときこの蕎麦屋の庭に咲いていた花ストケシアを見つけて撮ってきた。このストケシアは、暑さ、寒さに強く、病害虫の発生もほとんどなく、とても丈夫な宿根草で、さらに花もたいへん美しく、鮮やかな紫や青紫の花がまとまって咲くと見事だという。 暑さや寒さに強く、育てやすい草花で、耐寒性があり、寒地では越冬困難 のところもあるが、この場所は積雪毎年1メートルは積もるところなので雪に保温された形で越冬が可能なのかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/30 14:25
グラジョウラス
今日も会津行きとなって12時前に用件が片付き帰路についたがいつもの食堂が満車で駐車できず別の場所を探しているうちに国道115号線登り口から数キロメートルの所に猪苗代町吾妻地区部落に農家の建物をそのまま利用して営業をしている蕎麦屋で昼食を摂った。その蕎麦屋裏の畑にピンクと黄色のグラジョウラスが咲き始めていた。一際目立っていたので思わずシャッターを切った。この辺りの標高は約600メートル位と思われ風が爽やかだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/29 17:10
額取橋(Hitaidori basi)
国道115号線の中腹に額取橋(ヒタイドリバシ)がありその袂に展望駐車場が設置されている。見晴らしの良い方角の樹木が生長してほんの一部分からだけ展望が可能だがこの日は割合に強いガスが懸かっていて殆ど見えなかった。その展望駐車場から撮った「額取橋」が霧にかすんだ写真を見てください。この写真は25日に会津の帰りに撮ったものです。また展望駐車場の片隅に可愛いく存在をアピールしている花を見つけて撮りました。この花は「萩の花」ですが萩にもいろいろな名前があり花の名前を特定できませんでした。「ハギの花」として... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/28 15:07
ホタルブクロ
今年6月16日に紹介した庭のホタルブクロが再び開花したのだが何となく元氣がない感じで゛有る。先月咲いてものをそのままにして置いたら同じところに二度目の花が咲き始めた。今年は赤系のホタルブクロは去年庭の草取りの時に妻が雑草と勘違いして引き抜いてしまって、今年は咲かないが、赤系のホタルブクロは降霜が有るまで咲いていたのを思い出している。この白花もこれで二度目の開花なのでもしかしたら赤花のように晩秋の時期まで咲くのかも知れない。あわい期待を持って観察してみることにしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/27 15:05
モナルダ
モナルダまたはベルガモットの同種で色違いであるモナルダ フィスツローサはピンク色で矢車ハッカと呼ばれる園芸用に交雑している。この花は薬用に見なっているので参考までに利用方法:花壇、切り花に葉と花を生食やハーブティーに、タッジーマッジーに、若葉を乾燥して保存しポプリ、ドライフラワーに利用、催眠,、防腐効果あり、別種にレモンの香りのレモンベルガモットあり(宿根しにくい)。 花や茎はシソ科の特徴が出ていて集団花という事がわかる。 花弁のように見えるが、ひとつひとつが単独の花でそして茎は角張る。花言葉:... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/07/26 14:46
モントプレチア
このところ野生化したように各地で見かける花に「モントプレチア」があることに気がついた。この花はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとモントブレチア(Montbretia、学名:Crocosmia x crocosmiiflora)はアヤメ科のヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種の球根草。別名クロコスミア、ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。葉:剣状、60cmから150cm 、花:花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色の花を付ける。花期:7〜8月 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/07/25 17:23
カタバミ
カタバミは植木鉢などに入り込み太い根を張ってなかなか抜けないときがあって困るときがある。このカタバミについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればカタバミ(片喰、酢漿草、Oxalis corniculata L. 、シノニムXanthoxalis corniculata (L.) Small )はカタバミ科の植物で多年草。花言葉は「輝く心」である。葉は、ハート型の3枚がとがった先端を寄せあわせた形。三出複葉だが、頂小葉と側小葉の区別はつきづらい。地下に球根を持ち、さらにそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2008/07/24 15:24
ポピー
福島の運動公園近くでケシ科のポピーを見つけて撮ってきた。栽培用に人工的な品種改良が進み花の形や色が多種に渡っている花でもある。このポーピーについて手持ちの資料には分類 :耐寒性一年草(本来は多年草)、開花時期 :5月〜6月、草丈 :アイスランドポピー(30cm〜40cm)、:ヒナゲシ(40cm〜70cm)、:オリエンタルポピー(60cm〜100cm)、花径 :アイスランドポピー(6cm〜10cm)、:ヒナゲシ(5cm〜7cm):オリエンタルポピー(10cm〜15cm) 、花色 :赤、オレンジ、黄... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/07/23 17:50
キンシバイ
このキンシバイは庭園の縁辺りに植えて降るところが多いようである。公園でもごく普通に見られる花であるがこの花についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればキンシバイ(金糸梅)とはオトギリソウ科、オトギリソウ属の半落葉小低木。学名Hypericum patulum Thumb. 本種のことをヒペリカム(Hypericum)ということも多い。しかし、ヒペリカムとは、本来オトギリソウ属のラテン名であり、必ずしも本種とは限らない。中国原産で、江戸時代の宝暦10年(1760年)に渡来... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/22 16:33
オオシロベッコウ
チダケサシ(ユキノシタ科)に止まっているオオシロベッコウは蜘蛛捕りの名人で自分の体の何倍もあるような大きな蜘蛛を餌にしている蜂である。ジョロウグモが大好物のように思います。同じ場所でコガネムシも見つけて撮ってきた。このコガネムシについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればコガネムシ(黄金虫、金亀子、Mimela splendens)は甲虫目コガネムシ科の昆虫。時に赤紫の混ざった光沢の強い緑色の体で、赤紫・黒紫色のものもある。体長は17〜23mmで、主に草食である。また、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/21 17:09
オカトラノオ
「オカトラノオ」は日当たりの良い草原に生える多年草。葉は先がとがった卵状被針形で長さ約10センチ、互生して付く。花は白色で6〜8月(資料にのよっては6月〜7月と書いてあるものもある)に咲く合弁花。学名:Lysimachia clethroides、サクラソウ科オカトラノオ属 、園芸分布:多年草、草丈:50p〜1メートル、生育地:北海道、本州、四国、九州。名前の由来は丘に生え、花房の形を虎の尾見立てて付けられたと資料に書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/20 19:08
ヨイマチグサ
土湯道の駅近くの二本松方面と福島の分岐点に咲いていた「ヨイマチグサ」を見てください。このヨイマチグサについては『宵待草』(宵待ち草:よいまちぐさ)は、大正浪漫を代表する画家・詩人である竹久夢二によって創られた詩のタイトル。のことは丁寧に記述されているところが多く、この花の「宵待草」に付いての根記述が意外と少なかった。ヨイマチグサ(宵待草)、別名 : オオマツヨイグサ(大待宵草)、アカバナ科 越年草、花  期 : 7〜9月 、草  丈 : 100〜150cm 、帰化植物 : 北アメリカ原産、明治... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/19 18:44
ヤマユリ
国道115号線沿いの松林でヤマユリの群生を見つけて撮ってきた。このヤマユリについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればヤマユリ(山百合、学名:Lilium auratum)とはユリ科ユリ属の球根植物。日本特産のユリ。北海道と北陸地方を除く近畿地方以北の山地の林縁や草地に分布する。和名は、山中に生えることからつけられた。鱗茎は扁球形で10cm程の大きさである。多糖類の一種であるグルコマンナン(コンニャクにも多く含まれる)を多量に含み、縄文時代には既に食用にされていた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/07/18 17:05
シシウド
昨日安達太良山麓の道ばたでシシウドを見つけて撮ってきた。このシシウドについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとシシウド属(-ぞく、Angelica spp.)は、セリ科シシウド属の植物群。アンゼリカともいう。北半球の広い範囲に分布している二年草または多年草で、ヨーロッパを中心に古くから薬用・食用のハーブとして用いられている。日本に自生するシシウドやアシタバをはじめ、40種ほどが知られている。と書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/17 16:13
ヤブカンゾウ
国道115号線沿いの福島種畜牧場の松林の中にユリの花が満開と聞いて立ち寄ってみた。ユリの花も綺麗な咲いていたが今日は別の場所で撮った「ヤブカンゾウ」を見てください。このヤブカンゾウについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとワスレグサ(カンゾウ、萱草)は、ユリ科ワスレグサ属の多年草。下記の変異体があるが、いずれも花が一日限りで終わるため、忘れ草(わすれぐさ)という総称で呼ばれるようになった。中国では「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。とかいてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/16 17:22
ノコギリソウ
今日は裏磐梯経由で会津から帰った。猪苗代町と喜多方市を結ぶ国道459号の桧原湖岸で見つけた「ノコギリソウ」を見てください。この「ノコギリソウ」についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとノコギリソウ属(Achillea)は顕花植物の分類群のひとつで、キク科のうち、約100種が属する。ヨーロッパを中心に、アジアにも分布する。また北アメリカにもわずかに自生する種がある。フリルがついたような形の、毛が生えた、良い匂いのする葉が特徴である。と書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/15 18:22
マルハナバチ
先日高林寺の紫陽花の密を求めて吸密中だった「マルハナバチ」を見つけて撮ってきた。この「マルハナバチ」についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとマルハナバチは、ミツバチ科マルハナバチ亜科の昆虫で、世界で約250種が知られている。温帯に生息する種の多くは、女王バチが春先に単独でネズミの古巣などの空間を利用して巣づくりをはじめる。次第に働きバチが増えると女王バチは産卵に専念し、夏から秋にかけて次世代の女王バチとオスバチを産む。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/14 17:38
赤とんぼ(ナツアカネ)
高林寺参道下に蓮や睡蓮の池があって10日には睡蓮の花を紹介しましたが今日は蓮の花を見てください。この蓮についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia』によるとハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)はハス科の多年性水生植物。蜂の巣状の花托に果実が実ることからハチス→ハスという名になったと言われている。根の部分(実際は地下茎)は食用にされ、蓮の根すなわち蓮根(レンコン)と呼ばれる。原産地はインド亜大陸とその周辺(現在のアフガニスタンからベトナムを含む)。と書いてあった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/13 18:55
あじさい寺(高林寺)
今日も10日に撮影した高林寺、通称「あじさい寺」のあじさいを見てください。この高林寺について、あぶくま観光ホームページには、別名「あじさい寺」と呼ばれる高林寺。境内の周辺や墓地公園内には紫陽花が約20種類5,000本植えられています。開花時期の6月下旬〜7月上旬には紫陽花が咲きみだれ、県内外からの観光客でにぎわいます。また、町文化財である涅槃画像や、194枚の天井画なども観光客の目を楽しませてくれます。と書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/12 15:53
アジサイ
今月6日の日曜日にはロードレースのため交通止めに阻まれて到達できなかった「アジサイ寺」の高林寺に昨日の午後再挑戦して目的を達成できた。その時撮ったアジサイを今日から見て頂くことにしました。このアジサイはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとアジサイ(紫陽花、英名・学名:Hydrangea)とはアジサイ科アジサイ属の植物の総称である。学名は「水の容器」という意味で、そのままヒドランジアあるいはハイドランジアということもある。日本原産。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/07/11 15:31
スイレン
今日はあきらめきれずに高林寺に再挑戦して目的を達成した。開花しても間もないアジサイだったが今日はアジサイでなく高林寺入り口の小さな池や蓮池に咲いていたスイレンを見てまださい。スイレンの花の名前はそれぞれにあるのだろうが今日は一括しました。このスイレンについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとスイレン属(−ぞく、英:water lily、学名:Nymphaea)は、スイレン科の属の一つで、水生多年草の総称。単にスイレン(睡蓮)ということが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/10 17:22
イモカタバミ
このイモカタバミは、科名 カタバミ科 、属名 カタバミ属 、日本名 イモカタバミ 、学名 Oxalis articulata Savigny、別名 フシネハナカタバミ 、環境省レッドデータブック に記載されいて、日本では環境省が『日本の絶滅のおそれのある野生生物』というタイトルでレッドデータブックを作成しています。レットデータブックに記載されていると言うことは絶滅危惧種に指定されているようだ。今月4日にUPしたギボウシは全体の半分くらい咲いたので見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/09 16:40
ヒメジョオン
このヒメジョオンは摺上河原で見つけたハルジョオンによく似た花でフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にのよればヒメジョオン(姫女菀、学名Erigeron annuus、シノニムPhalacroloma annuum、Stenactis annuus)は、キク科ムカシヨモギ属の草である。同属のハルジオン(E. philadelphicus)とともに、道ばたでよく見かける雑草に類する草花である。花の時期は初夏から秋にかけてである。正しく言えば、この花と見えるのは頭状花序... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/08 17:20
カワラナデシコ
今日も33度を超えた暑さとなったが河川美化運動にあわせた町内会のクリーンアップ作戦に参加して大汗を流し終了したのが7時45分頃だった。シャワーで汗を流して戴いた朝食のおいしかったこと・・・・。それはそれとして今日は夜の町内会役員会があって出かける予定なので急いでこのブログを書いています。今日はクリーンアップで見つけた「カワラナデシコ」を見て下さい。このカワラナデシコについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると秋の七草の1つであることから分かるように観賞用として利用され、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/07/06 16:55
エノコログサ
今日は早朝に出発して会津に行ってきた。あさ5時過ぎに出て午後6時過ぎに帰宅してこの時間にようやくパソコンのスイッチオンすることができた。そんな今日は庭の片隅に穂をつけた「エノコログサ」を見て頂くことにしました。このエノコログサについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとエノコログサ(狗尾草)は、日本全土に分布するイネ科エノコログサ属の一年草。俗称は、猫じゃらし。草丈は40-70cmになる。茎は細く、基部は少し地表を這い、節から根を下ろす。夏には茎が立ち上がって伸び、先端... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/07/05 19:12
ギボウシ
庭のギボウシが咲き出した。このギボウシは斑入りの葉で葉も綺麗だが今日は咲き始めた花を見てください。このギボウシについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にはギボウシ(擬宝珠)とはユリ科(APG植物分類体系ではリュウゼツラン科に入れる)の多年草、ギボウシ属(Hosta)の総称である。山間の湿地などに自生し、また花が美しく日陰でもよく育つため栽培される。花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/07/04 17:40
バラ
昨日夕方隣から頂いたばらを見てください。名前はわからないが変わった花の色が目立っている。バラについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとバラ(薔薇)とは、バラ科バラ属の種(しゅ)の総称。一般にはそれらから品種改良で作られた栽培植物を指す。野生のバラはノバラと言われる。薔薇と書いて「そうび」「しょうび」とも読む。観賞用および香料原料に使われる。観賞用に品種改良されたものは香りの少ないものが多い。茨城県を始とし多くの自治体がシンボルとして指定している。6月の誕生花である。と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/03 17:49
:ムラサキカタバミ
元気な時を過ぎた「ムラサキカタバミ」を見附と撮ってみた。30度前後のカンカン照りの日の下でがんばって咲いていた。このムラサキカタバミについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には元来は観賞用に栽培されたものであるが、現在では畑地を中心に広く見られる。土の中の鱗茎を取り尽くすのが難しいので、駆除の困難な雑草(害草)である。観賞用としては、独特の色合いで美しいが、より花の鮮やかな種が多く導入され、また雑草としてありふれているため見飽きられた感もある。そのほか今までより一寸色がピン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/07/02 17:14
コクリュウ
庭の黒い「リュウノヒゲ」に花が咲き出した。このコクリュウは、科名: ユリ科 、属名 :ジャノヒゲ属 、性状: 耐寒性多年草、原産地 :日本、葉色 :黒、草丈 :15cm〜20cmと図鑑には書いてある。コクリュウを庭に植えて数年になるが小物の手入れの好きな妻に毎年植え直されて落ち着かないでいるに違いないが花は毎年つけてくれて楽しませて貰っている。たいていの年には芽が出ると抜かれてしまっていた「ドクダミ」も何本か隠れるように花をつけていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/01 19:19
雨の日に
今日は昨日の雨が嘘のように晴れ上がり気温も27度の予報だった。今日見て頂くムラサキツユクサは昨日夕方立ち寄った吾妻山麓の農家で雨に濡れたムラサキツユクサを見つけて撮らせて貰った。陽光燦々よりも名前のように雨に濡れて輝きを増した感じに見えていた。今日は気温が上昇したのでしおれ気味の姿になっているかも知れないが昨日の生き生きした姿を見て頂くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/30 16:02
黄色いユリの花
今日吾妻山麓の農家に立ち寄ったら黄色いユリの花が雨に濡れて綺麗だった。帰ってきてこの黄色いユリの花の名前を調べたが判らず仕舞いだったので「黄色いユリの花」と書きました。ユリ科の花は栽培用に品種改良が進み多種多様なユリの花が有ってなかなか名前の特定ができない。もしかしたら「イエローカサブランカ」の変種なのかも知れないと思っている。ご存じの方御教授お願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/29 16:36
カサブランカ
今日の散歩道で見つけた百合に似た鉢植えの花を見つけて撮らせてもらってきた。百合も栽培用に品種改良が進んでいるようで野草図鑑では名前が特定できないものか多い。「カサブランカ」で検索すると「カサブランカ(Casablanca」、は、モロッコ最大の都市であり、モロッコの商業・金融の中心地。カサブランカとは「白い家」を意味する。」等と書いてあり百合のカサブランカについて記載しているところが少ない。この写真の花もユリ科の花に間違いはないようだが「カサブランカ」と表記しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/06/28 18:27
オックスアイデージー
道ばたに盛りを過ぎた「オックスアイデージー」を見つけて撮ってみた。このオックスアイデージーは学名:Chrysanthemum leucanthemum、英名:oxeye daisy、和名:フランスギク、園芸分類:多年草と資料に書いてあった。来年もまたこの場所で見られると思うと楽しみだ。オックスアイデージーの花言葉は「心に秘めた愛」だ。または「心の底からの愛」。なおこの花は栽培種家庭の庭に植えてあることが多いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/06/27 16:09
アカカタバミ(赤酢漿草)
四季の里の花壇で雑草に紛れて咲いていたアカカタバミを見つけて撮ってきた。このアカカタバミ(赤酢漿草)の「赤」は花の色ではなく葉っぱのことで、葉っぱが赤みを帯びています。しかし露出間違いで花は写ったものの赤い葉が隠れてしまっていた。近くには小さくて可愛い白い花が咲いていて撮ってきた。この白い花は「コハコベ」で咲き始めたばかりのような感じだった。ミドリハコベとコハコベをあわせてハコベと呼ばれ,春の七草の一つです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/26 19:23
ミツバチ
雨が降り出すと密集めは一旦中止して巣箱に戻り止むのをじっと待っているだろうミツバチが忙しそうに密集めに飛び回っていた。このミツバチについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとミツバチ(蜜蜂)は、ハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツバチ属(Apis)に属する昆虫の一群で、花の蜜を巣に加工して蓄え、蜂蜜とすることで知られている。世界に9種が知られ、とくにセイヨウミツバチは全世界で養蜂に使われており、24の亜種が知られている。セイヨウミツバチ成虫寿命:女王蜂1-... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/06/25 19:55
ムラサキツユクサ
梅雨時のムラサキツユクサやシロツユクサは名前がツユクサだからではないと思うがいつもこの時期になると生き生きしてきて綺麗に輝く出す。ムラサキツユクサの花言葉は「貴ぶ・知恵の泉・尊敬しています・熱狂・優秀・淋しい思い出」だそうだ。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとムラサキツユクサはムラサキツユクサ属(-ぞく)とはツユクサ科の属の一つ。別名トラデスカンティア属。学名Tradescantia。温暖な地域を中心に200種くらいが分布する。ムラサキツユクサ(T. ohiensis... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/06/24 19:40
ケシ(芥子)の花
今日も所用があって会津に行った帰りに国道115線沿いの蕎麦屋の庭で見つけた芥子の花を撮ってきた。この芥子の花はアヘン法で国内では栽培禁止となっているのだが国道沿いにこんなにたくさん植えてあるので芥子の花でも花だけを楽しむだけでアヘン法にはかからない花なのかもしれないが「ケシの花」と表記します。なおケシの花とするとフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとケシ(芥子、罌粟、学名 Papaver somniferum)は、ケシ科ケシ属に属する一年草の植物。同属の他種と区別するため... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/23 17:42
ミズキ(水木)
一昨日山形県米沢市の大沢地内でとったミズキ(もしかしたら「ガマズミ」)やニホンザルを見てください。このミズキについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとミズキ(水木、学名:Swida controversa)はミズキ科の落葉高木。別名、クルマミズキ(車水木)。日本全土、東南アジアの山地に分布する。樹高は10-20m。枝を扇状に四方に広げる。若枝は無毛で冬は紅色。葉は互生し、広楕円形で全縁、先はとがる。裏面は白く、弓形に曲がった7〜10対の葉脈が隆起する。和名は早春に芽を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/22 17:53
テッセン
昨日の峠駅近くの峠の茶屋でテッセンと思われる花を見つけてとった。同じように見えていても違う名前だったりするので花名を特定できないものがある。このテッセンもその中の一つだと思っている。資料によっては学名:Clematis florida、花期:晩春〜初夏、テッセンといわれればテッセン,クレマチスといわれればクレマチス,カザグルマといわれればカザグルマとなかなか見分けができないのが本音のようだ。私もこの見分け方は知らないのであえてテッセンと表記しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/21 19:19
奥羽本線峠駅
峠駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線(山形線)の駅。その駅のホームで鉄道開業以来「力餅」を販売している峠の茶屋で力餅や生そばなど食べてきた。数日前から元職場OB組織の機関誌の編集作業が続いて一段落したので目を休めることもあって行ってきた。どこを見ても目に青葉が続き胸にはマイナスイオンを感じながら山岳ドライブを楽しんできた。峠駅についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば峠駅(とうげえき)は、山形県米沢市大字大沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線(山形線)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/06/20 21:17
マダムハーディー
福島の式の里で見つけた「マダムハーディ」は真っ白のバラなのだがとてもきれいに見えた。花の中心にグリーンの蘂と思われるものが小さく見えていた。春一季咲き、強い香がある。 樹高は150cm〜180cmの高さになる。半日陰に強く耐病性あり、また寒さに強いと資料には書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/19 17:14
ジギタリス
このジギタリスは先日式の里に行ったとき目立っていた他ので撮ってきた。こりジギタリスはについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればジギタリス (digitalis) とは、ゴマノハグサ科の2年草、多年草。全体にジギトキシン、ジゴキシンなどの強心配糖体を含み、これらはジギタリスの葉を温風乾燥したものを原料としていたが、今日では化学的に合成される。日本薬局方ではジギタリスの一種 Digitalis purpurea... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/18 22:15
ヤマボウシ
ヤマボウシは大部分咲き終わって実の部分だけが残っているものが多い中標高約250メートル位だったと思うがまだ白花と白と赤の斑の花が咲いていたのを見つけて撮ってきた。このヤマボウシについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればヤマボウシ(山法師、学名 Benthamidia japonica )はミズキ科 ヤマボウシ属の落葉高木。高さ5〜10メートル。幹は灰褐色。葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4〜12センチ、全縁でやや波打つ。山地に普通に生え、本州から九州、お... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/06/17 19:26
ホタルブクロ(白花)
庭の白花ホタルブクロが二三日前から咲き出した。赤色のホタルブクロを庭に植えたのだったがいつの間にか白色に取って代わってしまった。このホタルブクロについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればホタルブクロの学名はCampanula punctata Lam. ホタルブクロの変種として、ヤマホタルブクロ(学名 Campanula punctata Lam. var. hondoensis (Kitam.) Ohwi)がある。初夏に花茎を延ばす。高さは、最大80cmくらいにまで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/06/16 17:44
庭の皐
先月末につきだした庭の早月がほぼ満開となった。変わった皐には「十二単」と言う種類があるが普通の皐より開花時期が遅くほかのものより二週間遅れで咲き出した。変わった花なのでみてください。そのほかの皐の名前はわかりませんので「皐(サツキ)」としてあります。この皐については品種改良が進んで多くの種類が出回っているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/06/15 16:29
大地震
今朝8時43分過ぎの大地震が岩手県と宮城県の一部では震度6強の地震が発生して時間がたつにつれて被害が拡大してきている。新潟中越地震に匹敵する大地震だった。午後7時現在で余震が160回を超えたと報道されている。福島でも震度4と強い地震となった。一分以上揺さぶられたが拙宅の物的被害も人的被害もなかった。この地震で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。パソコンのソフト入れ替えは比較的簡単にできたが一部機能が使用できないトラブルが出てしまいソフトの戻し作業に手間取って数日間お休みをしてしまいご迷惑をおかけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/14 19:13
真っ赤なバラ
川原の散歩道で見つけた真っ赤なバラを見てください、。今日は去年の2月に発売となったWindowa Vistaに入れ替えをして半日が過ぎたが修正ソフト52個ものアップダウンロードとインストールがあったり結果的にまだ終わっていないのだが入れ替え途中で割り込んでこのブログを書いています。もしかしたら完全に終了できるのは今夜半になりそうな気配となってきた。今までに何回となくバージョンアップはしてきたが今回のように時間の掛かるバージョンアップの経験は初めてであると思もう。そんな今日は冒頭にも書きましたが真... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/08 21:13
ムシトリナデシコ、ホタルブクロ
今日も早朝に出発して会津行きとなり夕方つい先ほど帰宅した。今日は忙しさもあってか写真は一枚も撮らずじまいとなった。そんな今日は先日の川原の散歩で見つけた花「ムシトリナデシコ」と「ホタルブクロ」を見てください。ムシトリナデシコについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のによれば、ムシトリナデシコ(虫取り撫子) Silene armeria は、ナデシコ科の越年草。ハエトリナデシコ、コマチソウの別名がある。原産地はヨーロッパで、現在は世界の温暖な地域に広く分布する。茎の高さ30-... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/06/07 19:03
コウゾリナ他
今日は河原の散歩道で撮った「コウゾリナ」「キショウブ」「ツルマンネングサ」などを見てください。このコウゾリナについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればコウゾリナ属(こうぞりなそく、Picris)はキク科の属。越年草。茎は30〜80cm。茎は直立して枝分かれする。頭花は黄色、総苞は筒状、痩果の冠毛は羽毛状。地中海地方を中心に約30種がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2008/06/06 16:05
シロツメクサ・クローバー
何処ででも見られる花と言ったらシロツメクサだと思いますが少しの晴れ間を有効に利用してシロツメクサを忙しく渡っているミツバチを見つけて撮ってきた。このシロツメクサについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればシロツメクサ(白詰草、別名:クローバー)は、マメ科シャジクソウ属の多年草。原産地はヨーロッパ。花期は春から秋。と長い間咲き続ける花でもあります。似た植物に、ムラサキツメクサ(アカツメクサ T. pratense L. )、ベニバナツメクサ (T.incarnatum ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2008/06/05 19:19
庭のシャクヤク
一昨日は散歩の途中の河原で見つけたシャクヤクを紹介しましたが今日は自宅庭のシャクヤクを見てください。一昨日咲きかけのシャクヤクは中二日ほど様子を見ていたようで今日の陽光に誘われるかのように午前中で2個だけ満開になった。また咲きかけていた皐も5分咲きくらいまで開花が進んで赤や白など遠目に見目立つようになってきた。この皐については陰暦5月のこと。《季語:夏》でこの時期に咲くのが「サツキ」でツツジ科の常緑低木。関東以西の河岸の岩上などに自生と辞書には書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/04 15:07
コバンソウ他
今日の福島は一日小雨で梅雨時を思わせる降り方だった。昨日の散歩の時今までと違った場所の摺上川原に大量のコバンソウが咲いていたので撮ってきました。そのうちの一枚と他の写真を見てください。 花の名前:コバンソウ、植物分類:イネ科 コバンソウ属、原産国:ヨーロッパ、自然開花期:5月〜7月、花言葉:白熱した議論と資料には書いてあった。また穂の形が小判に似ているところからコバンソウの名がついたと言われます。他にアリウム・ギガンテウム、ゼニアオイ、ハハコグサ、ムラサキツユクサをどうぞ・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/06/03 17:10
シャクヤク
今日散歩していて川原の花壇に咲きかけた白いシャクヤクを見つけて撮ってきた。帰宅後庭のシャクヤクの赤花が同じように咲きかけていた。明日は雨の予報なので開花するかどうか不明である。このシャクヤクについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとシャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名 Paeonia lactiflora。 高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。シャクヤクまたは近縁植物の根は、消炎・鎮痛・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/06/02 17:43
サツキ
庭のサツキが咲き始めた、まだ2種類だけだがいずれ何種類か花を付けてくれるだろう。今日はとりあえず花だけ見てください。このサツキについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとサツキ(皐月、学名 Rhododendron indicum)はツツジ科の植物で、山奥の岩肌などに自生する。盆栽などで親しまれている。サツキツツジ(皐月躑躅)などとも呼ばれており、他のツツジに比べ一ヶ月程度遅い、旧暦の五月(皐月)の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/06/01 17:49
ヘビイチゴ
このヘビイチゴは大森城山公園の散策道脇で見つけて撮ってきた。この大森城はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると大森城(おおもりじょう)は福島県福島市南部にあった戦国時代の城。別名臥牛城と呼ばれている。JR南福島駅より西方約5km。大森城は福島市大森の小高い丘陵の先端部に築かれた。最高地点は147m、比高差60mでそれほど高くはない。現在は、北端に櫓の形をした展望台が設置されるなど城山公園として整備され、春には福島有数の桜の名所として、多くの人が花見に訪れている。とかいてあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/31 17:14
ムラサキゴケ・ケキツネノボタン
このムラサキゴケは一昨日クマガイソウの里に行ったとき撮った写真です。クマガイソウは咲き終わりだったので林道から見える範囲で見つけたムラサキゴケとケキツネノボタンを見てください。ムラサキゴケについては田のあぜや湿った土地に生える多年草。葉は根ぎわに群生する。春に、5〜10cmの花茎を直立させて、長さ1.5〜2cmの紅紫色で唇形の花をつける。またケキツネノボタンはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとケキツネノボタン(毛狐の牡丹、Ranunculus cantoniensis... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/30 18:31
ヒメハギ
このヒメハギもクマガイソウの群生地で見つけた花ですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとヒメハギ目 (Polygalales) は被子植物の双子葉植物に属する目のひとつで、ヒメハギ科をタイプ科とするもの。クロンキスト体系で使われる。7科が含まれる。草本または低木。花は両性で左右相称。がくおよび花弁は普通各5枚、内側のがく2枚が花弁状になるものが多い。花弁は下3枚が合生して舟形になるものが多く、上2枚が小さい(またはない)。雄蕊は多くは8本、子房は上位2室で刮ハまたは核... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/29 17:23
ヤマガクアジサイ
クマガイソウ群生地で撮影したヤマガクアジサイを始め300種もの花が咲くという草花のうち5種類を見てください。昨日は別の場所で撮った写真を紹介したが今日はクマガイソウ群生地周辺で撮った写真を見てください。最初の「ヤマガクアジサイ」は何種類か有るようでこれと特定できる物はないがどうも山紫陽花の中の「白紫陽花」のようである。この白紫陽花は、シロガクアジサイ 分類:山紫陽花 、花型:ガクブチ型、花の色:白と資料には書いてあるが特定できないまま見て頂くことにしました。ご存じの方ご教授願います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/28 18:18
アカツメクサ
風が強かったが晴天に恵まれてクマガイソウ群生地に行ってきた。大部分のクマガイソウは咲き終わっていたが標高が有るところにはまだ残っていた。去年咲いていた赤いクマガイソウは今年は咲かなかった。今日は帰路に撮った野草を見て頂くことにしました。アカツメクサはようやく咲き始めたようだった。花弁が全体の半分くらいしか開いていなかった。シャガーは咲き終わりだったが二本だけ残っていた。また蝶のコチャバネセセリがハルジョンの吸密に忙しそうに動き回っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2008/05/27 16:35
クマガイソウ02
クマガイソウも撮り方でと言うか陽光の差しみ方の強弱なども関係していると思うのだが同じ花を2枚ずつ並べてみました。杉林の木漏れ日がクマガイソウに直接当たったときの写真だがこの色の違いに驚いている。この写真は去年の5月22日に撮影したものだが一年過ぎて見直して本人が驚いている。今年のクマガイソウは目で見たとおりの色で変化が無いが光がスポット状態でこのような写真になったのかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/24 17:47
ニリンソウ
この前クマガイソウの群生地に行ったとき林道脇に花が咲いていてのに種が育っているニリンソウを見つけて撮ってきた。このニリンソウについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとニリンソウ(Anemone flaccida)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。春山を代表する花のひとつ。主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育し、深く裂けた根生葉を持つ。3月〜6月に、白い萼片を持つ花をつける。多くは一本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/23 18:31
ウラシマソウ
クマガイソウ群生地途中の林道の数カ所に「ウラシマソウ」が咲いていた。ウラシマソウについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にらよればウラシマソウ(学名 Arisaema urashima)は、サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草。テンナンショウ属の植物は性転換をすることが知られており、本種でも同様である。比較的小型の個体では雄性となり、仏炎苞内部の肉穂花序に雄花群を形成し、大型の個体では雌性となり、肉穂花序には雌花群を形成する性質がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/22 17:49
ハナイカダ
ハナイカダはクマガイソウ群生地に入って間もなくの林道脇に雄株、雌株が少し離れたところに緑色の可愛い花を咲かせていた。葉の中央に咲く花はこの「ハナイカダ」だけのようだ。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によらるとハナイカダ(花筏、Helwingia japonica)はミズキ科の落葉低木で、春に葉の中央に1-2個(雌花)または数個(雄花)の花が咲く。果実は黒い液果で種子を2-4個含む。この液果は甘味があり食べられる。進化的には葉腋から出た花序の軸が葉の主脈と癒合したと考えられる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/21 20:24
チゴユリ
チゴユリ 先日クマガイソウを見に行ったとき杉林で見つけた「チゴユリ」が小さな可愛い花を付けていた。このチゴユリについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、チゴユリ(稚児百合、学名:Disporum smilacinum)はユリ科チゴユリ属の多年草。北海道〜九州まで日本全国に分布し、落葉樹林の木陰に生える。高さ15〜30cm。球根はなく、白くてやや太い地下茎を持つ。花期は4〜5月で、茎の先端に1cmほどの白い花を一つ咲かせる。また種子繁殖のほか、地上茎基部に生ず... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/05/20 17:30
ヤマブキソウ
ヤマブキソウ 先日クマガイソウを見に行ったとき杉林と雑木林の境目辺りで見つけたヤマブキソウを見てください。クマガイソウ群生場所から道のりで約300メートルくらいの所にヤマブキソウが咲いていたのだが殆ど花期が終わって残り花の撮影となったが見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/19 17:45
ラショウモンカズラ
昨日クマガイソウの群生地に行く途中で「ラショモンカズラ」に出会ってとってみた。このラショウモンカズラ(羅生門葛):シソ科ラショウモンカズラ属、 草丈は20〜30センチ、生育地:本州、四国、九州、学名:Meehania urticifolia、 花期:春と本に書いてあった。茎頂やその近くのは野分に咲く花は、筒状で先は唇形。花は淡紫〜淡紅紫色で大きな下唇には紫色の模様があり毛が密生している。山地の森の中や林内で見られる多年草です。そのほか ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/18 16:42
クマガイソウ
今月11日(日曜日)一般開放したクマガイソウの群生地を訪ねてきた。途中雨にあったが小雨程度だったのでカメラの保護にハンカチーフをかけた程度で収まった。今日は土曜日とあって見物客でごった返していた。途中でウラシマソウに出会ったりイカリソウもまだ咲いていた。クマガイソウは今が見頃で来週まで咲き続けるのだろうかと思うほど蕾は見あたらなかった。今朝も強い雨が降ったのでぬかるみは覚悟していったが人出が多かったので田圃のような道となってしまって非常に歩きにくかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/05/17 18:21
マツバトウダイ
昨日のブログで名前が分からず「ご存じの方ご教授願います」と書きこんだら訪問される殆どの方にご心配をおかけしてしまい申し訳なく思っています。早速調べてくれて教えていただいた「TERAI」さん有り難う御座います。「マツバトウダイ」と教えていただき有り難う御座います。今日改めて再登場させましたので宜しくお願いします。このマツバトウダイは科名: トウダイグサ科 、和名 :マツバトウダイ、別名:スギトウダイ 、学名: Euphorbia cyparassias 、帰化植物 で花の色 :黄色系「TERAIさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/15 17:16
ヒメフウロ
庭にヒメフウロが先週から咲き出した。このヒメフウロは学名:Geranium robertianum、 別名:シオヤキソウ(塩焼草)、 花期:春と書いてありさらに、全体に特有の匂いがあり,この匂いが塩を焼いたときの匂いに似ているのでこの別名で呼ばれるそうです。ヒメフウロ(姫風露)は、本州や四国の一部の石灰岩地帯という特殊な立地環境に生育する 耐寒性のある 1〜2年草。草丈 20-60cm。2枚目の写真は数年前から庭の片隅に植えたものが可成り広がって花を付けるようになったのだが残念ながら花名が分かり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/14 17:47
八重咲きオダマキ
庭に八重咲きオダマキが咲き足して一週間となるがまだ元良く咲き続けている・オダマキも品種改良が進み色も葉の形も様々になってきている花でもある。このオダマキについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、オダマキ属(−ぞく)は、キンポウゲ科の属の一つ。ラテン名のアキレギアやアクイレギア(Aquilegia)ということもある。本属の植物の総称がオダマキ(苧環)である。苧環は元来は機織りの際に麻糸をまいたもののことで、花の形からの連想である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/12 21:35
ネコノネメソウ
このネコノメソウは先日旧万世大路(旧国道13号線)の二ツ小屋隧道に徒歩で行ったときに標高700メートル付近で撮ったものである。このネコノメソウ(猫の目草)はユキノシタ科、学名:Chrysosplenium grayanum、 別名:ミズネコノメソウ(水猫の目草)、花期:春。このヤマネコ属にはヤマネコノメソウ・トウノウネコノメソウ・ネコノネメソウ・ヤマシロネコノメ・イワボタン・ シロバナネコノメ・ヨゴレネコノメ・ハナネコノメ・ニッコウネコノメソウ・キバナハナネコノメ・ホクリクネコノメソウ・チシマネ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/05/11 17:38
ハルザキヤマガラシ
所用があって今日も会津に行ってきた。往路で気がついたのりだが磐梯町に入って間もなく遠目にも気になっていた花の写真を撮ってきて調べたら、ハルザキヤマガラシと分かった。このハルザキヤマガラシはヨーロッパ原産で明治時代に帰化植物となったようだ。どうやら水田などに多く繁殖し農業に悪影響を及ぼしている花でもあるようだ。またそのほか帰りに立ち寄った農家の庭の咲いていた花を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/10 19:33
フクロナデシコ
今日は元職場OB達51名が中型バス2台に分乗して奥岳日帰りの旅をしてきた。全員60歳以上だが中には80歳を超える人も何人かいて皆さん元氣そのものだった。ゴンドラリフトで薬師岳まで行って薬師岳頂上から四方八方の景色を楽しんできた。40〜60分歩くと安達太良山だがバスの出発時間に制約があって行けずに残念な思いだった。昼食は向雲閣で摂ってカラオケを楽しむ人もいて賑やかだった。そんな今日庭に咲いている花たちを撮ったので紹介します。フクロナデシコも元気よく咲き出した。白いスズランも鉢植えだが熊谷草も大きく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/05/09 19:34
カキドオシ
一昨日行った二ツ小屋隧道から帰る途中でカキドオシを見つけて撮ってきたが紫の色ふけしたような感じなりでもしかしたら違う花なのかも知らないがとりあえず「カキドオシ」としておきます。このカキドオシについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にはカキドオシ(垣通し)とは、シソ科の植物の一種。学名Glechoma hederacea subsp. grandis(シノニムG. grandis、G. hederacea var. grandis) 。草を乾燥したものは連銭草(れんせんそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2008/05/08 17:06
ムラサキケマンソウ
昨日二つ小屋隧道を訪ねる途中でムラサキケマンソウなど数種類の小さな花を見つけて採ってきた。最初の花「ムラサキケマンソウ」「ヤマエンゴサク」「キクザキイチゲ」「ケナシマルバスミレ」「ウマノアシガタ」などが咲いていた。二枚目の花ヤマエンゴサクについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にはヤマエンゴサク(山延胡索、学名:Corydalis lineariloba )は、ケマンソウ科キケマン属の多年草。本州、四国、九州に分布し、山野の湿った林内、林縁部に生えると書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/07 18:31
ムシカリ
昨日暫く振りに旧米沢街道沿いの李平(スモモタイラ)らに行ってきた。この李平は福島市の西部に庭坂という地区がある。米沢街道の庭坂宿があった所で、かぎ型に折れ曲がった道筋や整然とした家並みにその面影が残っている。そこから街道は奥羽山脈の山中へと続くが、その沿道に点在する石碑や道標がかろうじて街道の面影を今に伝えていた。山菜採りの人たちで可成りの混雑だった。そんな中でムシカリが道沿いの可成り咲いてシロが目立っていた。ムシカリ:スイカズラ科、 学名:Viburnum furcatum、 別名:オオカメノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2008/05/05 18:19
エンレイソウ
今日は暫く振りに写真撮影に出かけてみた。松川の水原地区の熊谷草は一般公開が5月11日の日曜日からとなっていて入山が出来なかったので旧福島〜米沢街道沿いに旅人のの宿場で栄えた李平地区に行ってみた。その李平でエンレイソウを見つけて撮ってきた。このエンレイソウについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、エンレイソウ(延齢草、Trillium smallii )は、ユリ科 エンレイソウ属の多年草。別名、タチアオイ。サハリン(樺太)、北海道から九州の低地や山林のやや湿った場所... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/04 14:33
天鏡閣
会津若松に行った帰りに天鏡閣に寄り道してきた。当初は裏磐梯と思っていたのだが時間的に間に合わず天鏡閣に変更した。この天鏡閣についてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、天鏡閣(てんきょうかく)とは、福島県猪苗代町にある旧有栖川宮家別荘のこと。本館、別館、表門は1979年(昭和54年)2月3日、国の重要文化財に指定される。屋外には所有者であった有栖川宮威仁親王の銅像がある。この像はもともと東京・築地の海軍大学校前にあったが、1984年(昭和59年)7月にこの地に移築された... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/03 18:47
庭のツツジ
一昨日咲き始めた庭のヤマツツジが昨日と今日の暖かさでほぼ満開となって彩りを添えてくれている。八重咲きのオダマキも蕾を見せてきたので来週には開花しそうな感じとなった。このところ雑用が多くてマイホームぺージの更新も儘ならぬ状態なのだがこのブログは毎日更新を続けたいと思っている。そういう明日も会津行きとなって帰りは夕方となる見込みだ。ゆっくり写真撮影に行きたいのだがそうも行かず残念である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/02 17:30
アズマシャクナゲ
福島県吾妻山や安達太良山には「ネモトシャクナゲが群生しているところがあり北海道から本州中部まで広い範囲に分布していて、花は白または淡紅色で、 昭和29年3月22日、福島県の「郷土の花」として発表された花でもある。深山の尾根筋に多く生える。高さは2〜3mになる。シャクナゲは、ツツジ属の中で常緑のものの総称名。中でも、関西ではホンシャクナゲ、関東ではこのアズマシャクナゲが一般的で、単にシャクナゲとも呼ばれる。ホンシャクナゲは花弁が7枚、アズマシャクナゲは5枚で、ともにツクシシャクナゲ(7枚)の変種と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/05/01 18:56
コマクサ
鉢植えで育てているコマクサの白花が今年も咲き出した。このコマクサは品種改良されているのか低地に適した生育振りを見せている。そのほか去年から植えたままになっていた真っ赤のチューリップも咲いている。昨日は庭の山ツツジも見事な赤色を楽しませてくれるようになってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/30 17:57
観音寺川の桜
今日会津若松市に行った帰りに猪苗代町川桁地区の観音寺川の桜を見に立ち寄ってみた。桜祭りの真っ最中で大変な人混みとなっていた。KFB福島放送のホームページに、猪苗代町川桁地区恒例の「観音寺川桜まつり」は26日、開幕した。町商工会長瀬支部などでつくる桜まつり実行委員会の主催で、5月6日まで。川沿い両岸約1キロにわたる桜並木は見ごろを迎え、近くの大山祇神社境内では午前10時から午後6時まで、焼き鳥や焼そばなどの露店も立ち並ぶ。26日夕には関係者によるライトアップの点灯式も行われ、幻想的な夜桜見物も楽し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/29 17:34
半田沼自然公園(2)
昨日半田沼自然公園で孫と遊んだとき風景写真も撮ったが足下に咲いている花たちが気がかりで孫は孫の両親と孫の祖母に任せて写真取りをしてきた。先月下旬に四季の里に孫と遊びに行ったときも活発に動き回り付いて歩くのが大変だった。益々元氣に動き回って両親も祖母も孫と遊ぶのが大変な様子だった。そんな中で写真撮りをさせてもらい家族に感謝している。今日はそんな中で撮った半田沼の写真と花の写真を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/28 18:56
半田沼自然公園
今日孫たちが半田山自然公園に行こうというので一緒に行ってきた。桜は散り始めてはらはらと舞い散る花弁の下で美酒に酔っている人もいて様々な楽しみ方をしていた。昼前に半田沼を一周して半田沼管理棟の休憩所で持参した兄切りを食べた。以前から気になっていた「シラネアオイ」が今年は咲き出しそうな感じなので昼食後その場所まで行ってみたら早いものは2輪ほど咲いていた。イカリソウや二輪草が咲いていた。この半田山自然公園はお花見、サイクリング、紅葉狩り、森林浴、いも煮会、自然教室、登山など、自然と親しみながら様々なレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/04/27 17:55
飯坂温泉花桃の里(3)
飯坂温泉花桃の里の桃の花を今日も見てください。今回は赤系を二種類見て頂きます。いずれも原産国は日本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/04/26 20:29
飯坂温泉花桃の里(2)
飯坂温泉花桃の里に植栽されている桃の白色が綺麗だった。いずれも原産地は日本国。今日は白花桃を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/04/25 19:10
ナズナ
なすなと色津書に咲いていた黄色いナズナと思って撮ってきて調べたらどうも違う夜で手持ちの資料で調べても花名が特定できなかった。もしかしてやせた土地で肥料成分が少なく生育異常となってナノハナなのかも知れない。白いナズナは道ばたなどでごく普通に見られる花である。またほぼ同じ場所にのコハコベの花が咲いていた。ナズナに似た黄色い花の名前ご存じの方ご教授お願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/04/24 18:38
シラネアオイ
このところ暖かかったので鉢植えにしていた「シラネアオイ」が咲き出した。このシラネアオイは一昨年の秋に庭の草取りで妻が根こそぎ引き抜いてしまったので野草店から去年の春に購入したものだ。去年は花が一個だけだったが今年は4個の花が咲いた。来年の楽しみが増えた。今日は梅の木の下に植えてあるサクラソウ科プリムラ・ポリアンサも咲き出した。この花は鉢植えから地植えにして今年で3年となって花数がかなり増えてきているので赤紫の花と黄色の花が可成り咲きそうなので楽しみだ。可成り前から咲き続けているシュンランはまだ咲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/04/23 16:27
ホトケノザ
昨日飯坂温泉の花桃の里に行ったとき桃畑の縁で見つけた「ホトケノザ」は花数はすくなったが濃いピンクの色が目ついた。この「ホトケノザ」については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとホトケノザ(仏の座 Lamium amplexicaule L.)とは、シソ科オドリコソウ属の一年草あるいは越年草である。別名、サンガイグサ(三階草)。アジアやヨーロッパ、北アフリカなどにも広く分布する。日本では北海道以外の本州、四国、九州、沖縄に自生し、道端や田畑のあぜなどによく見られる雑草で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/22 20:49
飯坂温泉花桃の里
去年初めてオープンした花桃の里は飯坂温泉の舘ノ山公園東斜面に、世界中から集めたモモ39品種、約200本が植栽してあり見事な花が咲いていた。今年は花桃の里入り口近くに駐車場も整備され今日現在工事中だったが駐車は自由に出来るようになっていた。去年の開園の時には桃娘も来ていて華やかに開園したのだったが今年は静かな中で桃の花をゆっくり楽しむことが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/21 16:34
三春滝ザクラ
昨日は一日荒れに荒れた天気の中高崎から来る従兄弟と三春滝ザクラを見に行きためJR磐越東線三春駅で午前10時04分到着を待っている間にも可成り風雨が強い中JR主催なのか「歩こう会」があって参加者を募集していた。三春駅から滝ザクラまで歩くのだと聞いた。管の列車は10分遅れとなったが上り列車は定時運行だった。滝ザクラ周辺は見物客でごった返していてカメラポジションの確保が困難渋滞だったが何とか撮れた写真を見てください。高崎の従兄弟たちはJR郡山駅まで送り届けて帰ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/20 17:20
駒ザクラ
17日に二本松城の桜撮影の帰りに川俣町指定天然記念物の「秋山の駒ザクラ」を見に行った。去年は「ウソ」の大群に花芽を食われる被害があったが今年は見事に復活していた。この駒ザクラは樹高やく21m、目通り径5.4m、根回り5.1m、推定樹齢500年以上でまれに見る巨木とパンフレットに書いてあった。四方ら枝を張り、春、白色を帯びた淡紅色の小花が咲き見事です。またこの桜は昔から「八幡太郎駒止の桜との伝説もあり小手地方有数の桜です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/19 16:52
アズマシャクナゲ
農家の庭に「アズマシャクナゲ」が咲き始めていた。「しゃくなげ」き高山に咲く花とばかり思っていたのだが吾妻山麓にあるこの農家の庭には何株かのしゃくなげが蕾を沢山つけて直ぐにでも咲きそうな感じたった。昨日の福島の最高気温は27度と高かったので急激に開花したものと思う。今日も20度を超える予報だった。アズマシャクナゲ は東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。ツクシシャクナゲの変種の中ではもっとも高地に自生する。花は淡い紅色。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/17 21:50
チューリップ
変わったチューリップ見つけて撮らせてもらった。今日は町内会傘下悠々クラブの観桜会が近くのレジャーファームで行われるので行く途中に立ち寄った家の庭に変わったチューリップを見つけた。チューリップとは分かっていても名前が分からなかった。チューリップについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば主に栽培されているのはゲスネリアナ種(gesneriana)である。これはヨーロッパに持ち込まれた改良種に名づけられた学名で、野生のゲスネリアナ種は無いとされている(元になった原種について... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/16 21:20
シバザクラ
朝から暖かな一日となり福島の最高気温は21度を越えたとニュースで伝えていた。そのためか土湯温泉近くの畜産研究所前国道115号線沿いの桜は朝8時頃は少しピンクがかった程度だったが帰路には14時頃で2分咲きくらいに開花していた。今週末が見頃となりそうな感じだった。今日も会津に行った帰りに寄り道して会津磐梯山の山裾沿いの道路を帰りシバザクラを見つけて写真に撮ったり楽しんできた。今日のシバザクラは真っ赤な花の色だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/04/15 16:58
サンシュユ
隣の住家との境界付近にサンシュユの花が咲いていて綺麗だったので撮らせてもらった。この「サンシュユ」は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればサンシュユ(山茱萸)は、中国、朝鮮半島原産の落葉小高木で、高さ3〜15mになる。 原産地:中国、朝鮮半島、朝鮮から江戸時代中期に薬用として渡来。 生活形:落葉小高木。 花 :木一面に鮮黄色の小花を葉に先だって集めてつける。花弁は4枚 果実 :紅色楕円形で晩秋に鈴なりに結実。 用途 :庭木 生薬 :果実(正確には偽... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/14 18:21
シュンラン
今年のシュンランは去年より開花が遅いと思っていたら今日庭の片隅で満開になったシュンランを見つけて撮った。花が緑色なりで同じような葉の植物の中に入り込んでいるので目立たなかったようだ。このシュンランについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとシュンラン (春蘭、学名:Cymbidium goeringii) は、単子葉植物ラン科シュンラン属の蘭で、土壌中に根を広げる地生蘭の代表的なものでもある。名称の由来は春蘭で、春に咲くことから。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/13 15:31
荒川親水公園の桜
福島市内を流れる荒川は水質日本一となった川ですが今も継続しているがどうかは分かりませんがそり川の南側に親水公園があり可成り長い距離(目測では1キロメートル位)が公園となっている。その公園に可成りの桜が植えられて今日が満開で家族連れで賑わっていた。その公園の桜のほんの一部ですが今朝6時半頃撮った写真を見て下さい。福島の花の名所「花見山公園」もシャトルバス運行が今月上旬から始まり大変な賑わいと聞いたがこの時期には行ったことがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/12 18:56
ソメイヨシノ
4日ぶりに夕方晴れ間が出て陽光燦々となったが短時間で日暮れとなり地表が暖まる時間はなかったようだ。寒い日が続いていたのだが桜は八分咲きくらいに開花が進んだようで明日は「花見山」や「信夫山」は花見客で賑わうことだろう。そんな明日は花見も出来ず会津行きとなるので帰りには川桁町観音寺川の桜状況を確認してこようと思っている。そんな今日の夕方陽光に誘われるかのように妻が撮影した団地周辺の風景を見て下さい。Photgrph by Miyako ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/04/11 18:53
桜咲く
去る6日に開花宣言が出た福島だか7日には暖かかったので一気に五分咲きくらいにまで開花が進んだが昨日は1日冷たい雨が降り開花進行が止まった感じだった。そんな今日どんよりしてはいたが近くの桜を撮ってみた。曇っているので何とか桜であることが分かる程度の写真だが見てください。福島の花見山もいろんな花が咲き乱れていて4月からシャトルバスが運行されているが毎年この時期には行ったことがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/04/09 17:18
タチツボスミレ(四季の里)
先日孫たちと四季の里に遊びに行ったときタチツボスミレを見つけて撮ってきた。そのほか原種の水仙やウシハコベやフキノトウを撮ってきた。周辺の桜も満開となると見事な景観を作り出しそうな感じだ。福島の桜は予報通り6日に開花宣言が出され翌7日には一気に五分咲きくらいまで進んだが今日は1日中寒い雨が降って桜の進行が止まったかのようだ。このまま開花が進行してしまうと週末には満開を過ぎてしまうのではないかと心配したが今日の雨が一時止めてくれたのでせめて1日は満開になる日が延びたものと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/08 18:25
クリスマスローズ(四季の里)
孫たちと遊んだ四季の里でクリスマスローズを撮ってきた。3月22日には開花したばかりのクリスマスローズだったが5日には雄蘂がご用済みとなって付け根から落ちてめしべの付け根が大きく膨らんで実りを迎えようとしている花があった。クリスマスローズの花はパット目立つものがなく地味な花だが何となく可愛い花なのだ。クリスマスローズの花言葉は寒く厳しい冬が過ぎ春が来た喜びを表し「希望」などの花言葉が示されていると言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/04/07 21:18
カタクリ(四季の里)
去年まではカタクリの咲く時期になってもカタクリの白花は見たことがなかったが今日春休みの最終日とあって孫たちと四季の里に遊びに行ってきた。四季の里の山裾で普通のカタクリに混じって白色のカタクリを見つけて撮ってきた。白花は滅多に見かけない花であるので突然変異で白花になったのだろうか?。このカタクリは、科・属名:ユリ科カタクリ属、 分布:北海道、本州、四国、九州、 花期:4月〜5月、生育場所:低地〜低山のやや明るい林の下 別名:カタカゴ、カタコ。今日は紅白のツーショットで見て下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/04/06 18:10
ヒヤシンス
今日庭坂地区の農家に立ち寄ったら庭のスイセンと一緒にヒヤシンスが咲いていたので撮らせてもらった。このヒヤシンスについて、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとヒヤシンス(Hyacinth. ヒアシンスとも表記、漢字では風信子、飛信子)はユリ科(APG植物分類体系ではヒヤシンス科)に属する球根性多年草で、耐寒性秋植え球根として扱われ、鉢植えや水栽培などで観賞され、春先に香りのよい花を咲かせる。と書いてあった。一緒に咲いていた黄色の「ラッパスイセン」も見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/04/05 17:50
エゾタンポポ
昨日のブログにエゾタンポポのことを「孫と福島市のど真ん中にある信夫山第二展望台遊園地に行って遊んできた。蒲公英が可成り咲いていたが8割方エゾタンポポであった。セイヨウタンポポに生息域を奪われずに残っていたことが珍しい現象と思っている」と書いておきながら蒲公英の写真なしとなってしまった。今日はその蒲公英を見てください。この信夫山で今年初めてツクシを見つけて撮った。スギナも可成り大きくなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/04/04 17:21
ツバメ飛来
今朝玄関の外に出たらツバメの巣の下に真新しい排泄物があるのに気づいた。暫くして引き込み電力線に一羽だがツバメが止まっていたのを確認した。3月末にも飛んでいるツバメがいたようだったが一瞬だったので未確認のままとなっていたが今日は確かにツバメであることが確認できた。そんな今日孫と福島市のど真ん中にある信夫山第二展望台遊園地に行って遊んできた。蒲公英が可成り咲いていたが8割方エゾタンポポであった。セイヨウタンポポに生息域を奪われずに残っていたことが珍しい現象と思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/03 16:40
ラッパ水仙(ニホンスイセン)
梅の花に引き続き庭のラッパ水仙が開花した。このラッパ水仙にも何種類か有るようですがここでは単にラッパ水仙と表記します。このラッパ水仙については、ラッパ咲きで副冠の長さが花弁の長さと同じかそれ以上のものを言うそうです。水仙の種類は「ニホンスイセン」「ラッパスイセン」「クチベニスイセン」キズイセン」と大別して4種類のようです。また庭の梅の花が満開近くなってきて昨日の雪の上強もなく元気に付き続けていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/04/01 18:14
エゾタンポポ(希望の森野草園)
先日希望の森野草園に行ったとき撮ってきたタンポポの種類が分からずそのままになったが今日改めて調べてみたら「蝦夷蒲公英・エゾタンポポ」と分かったので見て下さい。このエゾタンポポの関東蒲公英との違いはカントウタンポポは総苞片にツノがあるので区別が付くと言うことです。最近はセイヨウタンポポの繁殖が至るところで見られるようになり在来種はなかなか見つからなくなったようである。この蒲公英についてはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参照して見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/03/31 17:29
ツバキ
今日も会津に行ってきた。国道115号線周辺の融雪が進み殆ど消えていた。帰りには縄坂地区の農家に立ち寄ったら色々の花が咲いていたので撮らせてもらってきた。この農家の庭に咲き始めた梅も今日は寒かったので後続の開花はなかったようだ。水仙もまだ蕾のものから開花したものまで有り、種類も違うのだろうと思っている。フキノトウは食べごろが過ぎたかのように可愛い花を咲かせていた。今日はその花たちを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/03/30 16:18
スカンポ
庭の福寿草が開き始めたのが2月29日だったがその福寿草が枝分かれして花数を増やして今日現在まだ咲きつつけている。一ヶ月以上咲き続くのかも知れない。27日には庭の梅もやっと咲き出したと思ったら至る所で色々な花たちに巡り会えるようになってきた。今日は今年初めて紹介できる「スカンポ」「ウシハコベ」「タネツケソウ」はこのサイトでは今年初めての紹介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/29 17:57
ヒュウガミズキ
昨日希望の森に行ったとき目に付いたヒュウガミズキを撮ってみました。今年は梅の開花が遅いと思っていたら昨日咲き出した。とたんに目に付きだした野草類が気になっている。希望の森野野草園で数種類を撮ってきた。今日は「ヒュウガミズキ」「ヒイラギナンテン」「コハコベ」「ショウジョウバカマ」「ヒヤシンス」を見てください。今日の福島は一日中小雨模様だが比較的暖かった、予報では11度だった。この時間になって雨が上がり雲が切れてきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/03/28 17:27
庭の梅開花
待ちにまつた庭の梅が開花した。去年より4日遅れの開花だった。そんな今日孫を連れて伊達市梁川町の希望の森公園に行って遊んできた。50メートル以上もありそうな一番長い滑り台で滑らせたが滑りが悪く興味半減となったようだった。子供用の艦橋遊具が気に入って一時間以上遊んでいて昼食時も遊びに夢中となっていて遅めの昼食となった。野草園が隣接してあったので行ってみた。孫と野草や薬草併せて155枚写真を撮った。自宅の庭の梅の写真を含めてその中から5枚を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/27 17:45
クロッカス・コハコベ(四季の里)
孫たちと四季の里に行ったとき撮影したクロッカスとコハコベを見て下さい。クロッカスについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には耐寒性秋植え球根植物。原産地は地中海沿岸から小アジアである。晩秋に咲き、花を薬用やスパイスとして用いるサフランに対し、クロッカスは早春に咲き、観賞用のみに栽培されるため、春サフラン、花サフランなどと呼ばれる。球根は直径4cmくらいの球茎で、根生葉は革質のさやに覆われているが、細長く、花の終わった後によく伸びる。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/03/26 18:17
キクザキイチゲ(四季の里)
四季の里の雑木林の縁にキクザキイチゲが咲き出した。先日孫と一緒に家族揃って遊びに行ったときに見つけて撮ってきた。このキクザキイチゲはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとキクザキイチゲ(菊咲一華、学名:Anemone pseudoaltaica)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれる。本州近畿地方以北〜北海道に分布し、落葉広葉樹林の林床などに生育する。高さ10〜30cm。花期は3〜5月で、白色〜紫色の花を一輪つける。キクに似た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2008/03/25 17:07
オオイヌノフグリ(四季の里)
一昨日孫と遊びに行った福島市の四季の里でコバルト色の」オオイヌノフグリ」を見つけて撮った。あの小さな花がここまで大きく撮れるとは思っていなかったが何とかはっきりと撮れていたので見て頂くことにした。このオオイヌノフグリについてフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。と書いてあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/03/24 17:51
ハルザキクリスマスローズ
今日も会津に行ってきたがこの暖かさで融雪が進み畑や田圃の地肌が見えるようになっていた。田圃の落ち穂が見えてきて白鳥たちは北へ帰るための栄養補給に専念しているかのようだった。昨日遊びに行った四季の里の山裾の花壇に春咲きクリスマスローズが目のについて撮ってきた。この花は派手さがないがどこか落ち着きを感じる花である。クリスマスローズの学名はヘレボラス・ニゲル。"クリスマスの頃から咲くバラのように美しい花というところから、その名がついたそうだ。このハルザキクリスマスローズは春に咲くのでクリスマスローズの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/03/23 18:33
パンジー
今日は家族(5人)全員2歳の孫を中心とした遊びで四季の里へ行って遊び園内のレストランで楽しい昼食を摂ってきた。広い公園内を孫と遊んだり写真を撮ったり楽しい時間を過ごしてきた。この四季の里は福島市のホームページによれば四季の里は豊かな自然景観に恵まれ、広々とした空間の中で、四季折々の景観や伝統工芸、農産物がたのしめる周年利用型施設です。と書いてあった。詳しくは福島市のホームページをご覧下さい。写真は園内の花壇で撮ったパンジーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/03/22 17:42
クロッカス
数年前に地植えにしていたクロッカスの花が咲いた。この花の手入れが悪かったのか年々少なくなって今年は一本だけ咲いた。今年は咲かないものと諦めていたが今日になっていきなり大きく黄色の花が開いてびっくりしている。花言葉辞典によると、このクロッカスの花言葉は「信頼」、「青春の喜び」、(黄)「私を信じて」、「切望」、(紫)「愛したことを後悔する」だそうだ。つくづく黄色の花でよかったと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/21 15:01
山茶花
今日郡山市大月町で遊歩道の垣根に赤い山茶花が咲いていたので撮ってきた。雨が降っていたのでカメラがぬれないよう注意しながら撮影したので何とか見られるくらいの写真となったが見ていただくことにした。この山茶花は「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」によれば秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせる。野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白であるのに対し、植栽される園芸品種の花の色は赤から白まで様々である。と書いてある。なおこの花は「春山茶花(ハルサザンカ)」とも言う... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/03/20 16:56
ウメ
去年は庭の梅が開花したのは3月23日だった。今年はまだ開花する見込みが立たないでいる。今日の状況も昨日と変わらずで蕾が膨らんでいるものの開花の兆しがないようである。そんな今日隣の方から宮城県七が宿町で採ってきたというフキノトウを持ってきてくれた。これで完全に庭のフキノトウは命拾いが確定したようだ。昨日も妻が採って香りだけでも楽しもうかと話題になったが採らずに置いてよかった。今夜はいただいたフキノトウは天ぷらか蕗味噌になるのか調理のしかだが楽しみとなってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/03/19 16:09
ユキワリソウ
今日も暖かな一日となり未開花だった白のユキワリソウが咲き出した。ピンクは以前に咲き出したが白はようやく今日になって開花した。梅の花は相変わらず以前と同じ状態で開花までには数日かかるのだろうか。フキノトウは茎も伸び始めたようで茎の下の部分から花が咲いているようだ。このフキノトウは去年夏に増えすぎたからと大部分の蕗を引き抜いたので今年のフキノトウは一個だけと寂しい結果となった。水仙は去年移植したものの本数は増えたが花芽は一本だけだ。来年が楽しみとなりそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/03/18 17:45
フキノトウ
毎年出ていたフキノトウが今年は遅いと思っていたら見逃していただけで立派に花が咲き始めていて妻がシャッターを切った。2月からフキノトウの話題が出ていたが福島ではまだ出ていないとその都度書き込んでいたが雪の下でフキノトウがじっと待っていたのだと思う。観賞用に庭に植えたのだがツワブキのように年々蕗本体が増えてきている。庭の梅の花はこんなに暖かになっても一週間前とほぼ同じ状態なので開花はまだ先なのだろうか。 Photgrph by Miyako ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2008/03/17 17:53
ナズナ
このところ暖かい日が続き野草たちも少しずつ活気づいてきているようだ。春の七草にもなっているナズナが咲き出した。暖かい日差しを受けて気持ちよさそうに咲いていた。そんな今日も昨日に引き続き会津に行ってきた。今月10日にいったときは国道115号線の土湯トンネルを会津側に出たところから可成りの積雪となっていたが三分の一くらいまで減っていた。スキー場もこの暖かさが続くと後一週間持つかどうか心配になってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/16 18:32
ユキワリソウ
夜明け頃濡れ縁の温度計が10度を指していたので曇りがちだったが暖かくなることを予想して会津に行った。福島より雲が厚かったが時々薄日が差す天気だったのだが風がやや強く体感温度は10度以下に感じた。午後3時頃帰宅して降車して梅の木の下にピンク色の「ユキワリソウ」が満開になっているのを見つけてシャッターを切った。このところの暖かさで急に開花したのだろう、今日まで全く気付かなかった。フクジュソウも満開で背丈もかなり伸びていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/03/15 17:43
コハコベ
昨日の夕方修理から戻ったパソコンのソフトウェアーやでデータの修復が完全に出来て以前の使い勝手を取り戻して、その第一号の書き込みをしている。今朝9時過ぎから修復作業に取りかかり夕方5時近くまでかかって完全に近い修復が完了した。ハードディスク取り替えの時破損していなければデータはそのまま移行できるのだったがこのハードディスク本体が壊れたので移行できず手作業となった。今日は写真撮影が出来なかったので一昨日撮った摺上河原のコハコベをみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/03/14 17:29
ヒメオドリコソウ
昨日から始まった写真展示会の受付当番が今日の午前中(9:00〜13:00)あって福島「しんきんギャラリー」に行ってきた。午前中だけで50名の入場者があって賑わっていた。帰宅後修理に出していたパソコンが今日の夜には帰ってくるとの連絡があった。不良箇所はハードデスクとマザーボードを取り替えたという。以前の修理は2週間ほどかかっていたが今回は6日間で戻ってくことになった。戻ってからが各種ソフトウェアーの新規書き込み作業があるので使用開始は来週の月曜日以降となることと思う。今日は摺上川原で見つけたヒメオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/13 16:50
三寒四温
三寒四温について「故事ことわざ辞典」には次のように記述されている。「冬から春先にかけて寒い日が三日ぐらい続くと、次に四日ぐらい暖かい日が続く、これが暮れ返されること。」と書いてあった。ちょうど今がその時期なのだろう、昨日の福島は19度だったが今日の予報は8度と10度も温度差のある一日となった。晴れて風がなかったので体感温度はそんなに低くは感じなかった。そんな今日は摺上河原に散歩コースを変えたら日だまりには「オオイヌノフグリが群生状態で咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/12 17:39
気温15度
午後3時頃が今日の最高気温となり予報通り自宅の濡れ縁に置いてある温度計が15度を指した。車の中はエアコンなしでも汗ばむほどだった。明日はまた一週間ぶりに会津行きで午前8時半までに現地到着予定なので朝6時には出発しないと間に合わない。土湯温泉付近で朝日が見られそうなので朝焼けになっていたら何枚か撮ることにしたいと思っている。山越えするので残雪状況もかなりの変化が見られそうな気がしている。今日は暖かかったが庭の梅はご覧のようにまだ蕾み堅いようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/03/09 17:24
PC故障
庭の福寿草が満開と言えるくらいに花が開いた。二三日前から具合が悪かってパソコンがついにの修理のためメーカー送りとなって一週間から10日ほどかかるそうだ。ハードディスクが悪いので自分で取り替えても良かったのだが他にも診断してみないとわからない故障がありそうなので修理に出した。メーカーと契約している業者が引き取りにきていった。しばらくは妻用のノートパソコンを借りたり二階のPCコーナーのパソコンを使うことになるので故障の影響はないものと思う。写真は満開になった庭の福寿草。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/08 17:47
日中晴れたが
日中晴れていたのだが夕方には風とともに雪が舞い降りてきた。このまま降り続くと今夜は可成りの積雪となりそうな感じだ。そんな今日はようやくe−Taxによる確定申告を完了した。今までは人に説明したりしながらお互いに学び合い電子申告を進めていたが自分の申告は最後となってしまった。ところで庭の福寿草だが今日は昨日と同じくらいの開き具合であまり代わりがなかったが写真を撮ったので見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/05 17:28
福寿草開花
 先月末から寒い日が続いていたので咲きそうで咲かなかった福寿草が今日ようやく開花した。この福寿草はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとフクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草なので注意。(シノニム:Adonis amurensis)1月1日の誕生花。日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。種名の amurensis は「アムール川流域の」という意味。花期は初春であり、3-4cmの黄色... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/03/04 17:44
福寿草
庭の福寿草が開花しそうで平須無いで一日が過ぎた。花の中心ぷ゛にある蘂(シベ)ははっきりと見えているが花弁が横に開かずまぁるく円陣を作った様になってシベたちを守っているようにも見える。今日は風もなく暖かに一日となったが福寿草の開花までは行かなかった。そんな今日は会津に行ってきたが23日以降の荒れ模様の天候でかなりの降雪があり路面は圧雪状態となっていて慎重な運転をしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/29 17:54
ナズナ
日だまりの草むらにナズナが咲き出していた。まだ北風が強く外はかなりの低温となっているようだ。今日の最高気温は自宅の縁側に下げてある温度計で4度だった。そんな今日は3月12日から「ふくしましんきんギャラリー」で行われる写真展のポスターを作成した。今年はどうやら出展者が少なくなりそうなのでカメラクラブ会員に出展するよう声かけをすることになった。 そんな中去年見に来てくださった方々への展示会の案内状も印刷が終わり投函をするのみとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/02/28 17:34
雪が溶けて
今日は何日がぶりに少し暖かさが戻って庭の雪が溶けて地面が見えてきた。竜のひけの葉を少しどかして見たら可愛い福寿草の花芽が沢山出ていた。後二三日暖かだと咲き始めることだろう。早いところでは今月上旬頃から花が咲いたという情報が寄らせられていたが群生地でもなかったので撮りには行かずじっと待ち続けてようやく今日庭の片隅に福寿草のつぼみを確認できた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/02/26 16:28
花見山公園の蝋梅
昨日は以前か気になっていたマンサクの花を見て頂いたが今日は1月から咲き続けている蝋梅(ロウバイ)を見て頂きます。先日自宅の玄関にロウバイの一輪挿しを飾ったが何ともいえない芳香が漂った。そんなロウバイだったか咲き終わりに近い花だったのであの素晴らしい芳香が殆ど感じなかった。公園の北向き中腹にまだ蕾のロウバイがあったが咲き始めの頃が良い香りが漂うと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/21 16:01
花見山公園
以前から気になっていた花見山公園のロウバイとマンサクがどの程度咲いたのか午後から見に行って来た。日当たりの良いところのロウバイは満開を過ぎようとしているところであと数日は大丈夫。日当たりの悪いところはやっと咲き出したものがチラホラだった。マンサクは中腹までは咲いていたが上部はまだ蕾堅いものが多かった。また今夜から冬型に変わるというので遅れるものと思う。今日はマンサクの花を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2008/02/20 17:49
ロウバイ
一月下旬から咲き出した花見山のロウバイは満開が過ぎて散り始めたかも知れないが暫く行っていないので明日辺り様子を見に行ってみようと思っている。花見山が気になっていたところに先日ロウバイが届き一輪挿しで楽しんでする。ロウバイは香りも良く何ともいえないあの香りを何と表現したらよいのか言葉を知らない。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である。花の香りは強い。としか書いていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/02/19 17:42
水仙
午前中は相変わらず小雪がちらついていたが午後には日差しが出ていた。夜には晴れ上がった良い天気になった。今夜は放射冷却現象となって冷え込むことだろう。そんな今日は暫くぶりで切り花の写真を撮った。この前の土曜日に嫁の母親が買って飾っていったものだったというその花は水仙の花だ。水仙にも色々種類があると聞いたが、ここでは単に水仙の花とだけ記しておきます。庭の水仙はまだ芽が出ていないが今日は切り花の水仙を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/02/18 19:41
菜の花
東北最南端とは言っても気候は東北この時期は一年中で一番冷え込む時期でもある。厳寒時に咲き出した菜の花は日だまりとは言ってもこの四五日の冷え込みが続いてギブアップ気味の様だ。しかし強いもので雪が溶けて少し日が差すと頭を擡げて少しでも陽光を受け取ろうとしている様にも見えた。そんな菜の花たちの近くには「ヒメオドリコソウ」も活動を開始して花をつけ始めていた。春の穏やかな日差しを待ちかねているようでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/17 17:30
野草
今日は朝のうち晴れ間が覗いていたが個雪と風が強めに吹いたりして寒い一日となった。午後にも一時晴れ間が出たので冬桜が気になって撮影に出かけたら間もなく雪がちらつき始めだが撮影はすることにして撮ってきた。冬桜は1月の花数が多かったようで今日は23輪と言ったところで花期が終わったような感じだった。地上には寒さをやっと持ち堪えた様ににコハコベやオオイヌノフグリが咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/16 17:32
冬桜
2月5日にマンサクの開花状況確認に言ったときに撮った写真がまだ残っていたので見てください。冬桜が切り花ように咲かせたのだろうか温室入り口にバケツに入れて無造作においてあったので撮らせて貰った。出荷用がし終わったようで小さな枝の花だった。またロウバイが咲いていた近くに毛むくじゃらの花芽が大きく育って芽に咲いたのが木蓮の蕾だった。今日はこの二種類の花を見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/02/08 17:43
柊南天
花見山公園の花はロウバイが場所によっては八分咲き日陰の遅いものは蕾ふくらんだ状態だった。マンサクはやっと咲き始めたばかりで満開は来週後半となりそうだ。北向きと思われるところにはヒイラギナンテンが咲き出していた。この花は咲く前の蕾がふくらんだ姿が綺麗で開花してしまうと白い小さな花だが直ぐに変色してしまうようなので綺麗とはいえない。そんなヒイラギナンテンを今日は見てください。1月には開花していなかったが今回の撮影時には咲き始めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/06 17:56
マンサク
先週怪我の元となったマンサクだが開花状況は今日も変わらず同じような感じだったが今日は2個の開花が確認できた。ほかのマンサクは蕾堅いものから花びらの黄色い姿が見え隠れしているものなど様々だった。このマンサクはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとマンサク目 (Hamamelidales) は被子植物双子葉植物の目の一つでマンサク科をタイプ科とするもの。分類体系によって含まれる科や所属させる上位のタクソンには異同がある。と書いてある ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/02/05 17:48
ロウバイ開花
去年は1月25日に咲いていたので思い出して午後から行ってみた。思った通り咲いてはいたが去年より開花したものが少なかった。来週には見頃となることだろう。この場所から上に移動してマンサクの開花状況を見に行く途中粘土質の土の上で滑って転倒し左手に怪我をしてしまった。転んだとき木に触れて手に刺さり先端が折れて素人には取り出せないので外科医院に行って手術、二針縫った。思いがけない怪我で病院から帰ったのが6時少し前となってしまった。そんな今日花見山公園でロウバイを撮ったので見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/01/28 18:59
庭の実り
今日は一歩も外に出ずに一日が過ぎた。このところセキュリティソフトのウイルスバスターの具合が悪くインターネットがロックされてしまい接続不能となっていた。二階のパソコンはあまり使用しなかったので異常なしだったが一階で使用している自分専用と妻専用のパソコンの修復処理をして正常に動作するようになったがウイルスバスターに何か原因となる欠陥があったのかも知れないと思っている。今日は庭の花と実りを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2008/01/22 17:40
庭の実り
昨日庭の花を撮っていて見つけたキノコが気になった。見た目では食べられそうな感じだが名前もわからないのでいつまで寒さに耐えられるのか見守ることにした。家を作り替える前には大きな柳の木があったあたりに出ているのだ。その周囲にはリュウノヒゲの青い実が稔りの時期を迎えていた。またオモトも真っ赤な実をつけて鳥たちに食べ頃よ・・・とアピールしているかのようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/01/12 18:52
山茶花
今日の午前中は晴れ間があったが夕方になってドンヨリした空模様となってきた。そんな今日庭を覗いたら山茶花が二度咲きしていた。写真には撮れなかったのだが12月中旬には今回咲いた花より可成り大きめだった。ヤブコウジの赤い実も葉陰に潜んでいたりリュウノヒゲの紫ではち切れそうになっていたり万年青の実が真っ赤になっていたり雪に覆われるまでは楽しめそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 20

2008/01/11 15:54
西洋蒲公英
日本古来のタンポポにはなかなかお目にかかれなくなってしまった。西洋タンポポはこの寒い時期にも咲き続けてタネを実らせている。日本古来のタンポポに比べ生命力があり種が着地した場所に芽生え育っているようだ。今日紹介するタンポポも1月というのに元氣に咲き続けていてミツバチもタンポポの蜜を求めて忙しそうに動き回っていた。この場所は桑折町の松原寺参道に咲いていた。ミツバチの越冬場所が気になってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/01/10 18:31
オオイヌノフグリ
昨日十月桜を撮った根本にはオオイヌノフグリが咲いていた。このオオイヌノフグリは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。早春にコバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は1–2cmの卵円形... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 18

2008/01/09 18:45
冬桜
今年は新春早々皆様には大変なご迷惑をおかけいたしましたが漸く一七日が過ぎて落ち着きか出てきました。気落ちしたのか高熱が続いていた妻も6日からは平熱となって普通の生活パターンが戻りました。お陰様で今日からBLOGを再開できる運びとなりました。よろしくお願いいたします。今日は12月に十月桜を撮った場所に行ってみたらまだ咲き続けていた。12月よりもピンクの濃い花が咲いていた。4月に咲く桜は白が強いのだが可成りの違いだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2008/01/08 16:36
この年一年有り難う
この年いろいろありました。今日は東北自動車道岩手県内で車14台の玉突き事故があり上下線とも通行止めとなり軽傷だが数人の怪我人が出たという。原因は吹雪で前がよく見えなかったのがこのような大きな事故になったものと思う。昨日から日本海側には九州まで広い範囲で強い雪が降っているという。今年最後の締めくくりの大雪となり正月まで降り続くという。そんな今日は大晦日、この年一年多くの方々に支えられてこのBLOGの運営ができました。この年一年ありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/12/31 17:38
オニノゲシ
すでに紹介した花の他にオニノゲシやノゲシが咲いていたので見て下さい。桑折町の松原寺の辺りは北風も西風も通りにくい地形のようで他の場所より可成り暖かいのかミツバチも元気よくタンポポの密を探していた。巣箱が近くにあるのだろうか、それとも野生の蜂なのかは知らないが元気な様子だった。白いタンポポも処理を誤って消えたと思っていたが別のホルダーで見つけたので見て下さい。今夜から荒れ模様となるので花も蜂も心配だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/28 18:20
オオイヌノフグリ
昨日十月桜を求めて桑折町の松原寺に行ってきた。十月桜は気乗り宇野ブログでもて頂いたが今日は同じ場所で足元を見たら「オオイヌノフグリ」が元気よく咲いていたのを見つけて撮った。その近くには白いタンポポが咲いていたりエゾタンポポと思われるタンポポが咲いていた。白いタンポポは咲き終わりに近かったがまだ白と判るほどだったが処理を誤り消去してしまった。。ここの辺りは南向きの傾斜地だったので元気な姿が見られたものと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/27 19:40
十月桜
今日十月桜を求めて桑折町の松泉寺に行ってみた。思った通りほぼ満開状態だったが葉が生き生きしていた10月には咲き出していたので丸二ヶ月は咲き続けている。遠くから見ても木全体が白っぽく見えていて遠目にも咲いているのがわかるくらい沢山の花が咲いていた。十月桜は冬ザクラとも言うようで寒桜とは別の種類のようだ。周囲には南向きの傾斜地なりで日当たりがよくオオイヌノフグリやタンポポが咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/12/26 21:18
山裾の山茶花
昨夜半からの雨が今朝まで続き町内会の古紙回収ボランテアが終わって少しかぎて止んだので9時頃まで降っていたことになる。その後昼食を挟んで大笹生〜荒井線農免道路を散策したが野草の花は全く見あたらなかった。庭塚地区の民家の入り口にまだ元気よく咲き続けている山茶花を見つけて撮ってきた。近くには出荷用に栽培した菊の残り花が目に付き撮らせて貰ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/12/09 21:10
摺上渓谷
昨日の悠々クラブ総会のとき帰りに傘を忘れたので今日午後に取りに行ってきた。ついでに天気が良く積雪もなかったので茂庭ダム方面に足を伸ばして茂庭滑滝(摺上川キャンプ場)付近の渓谷の写真を撮ってきたが周辺の木々は冬支度完了で枯れ木同然と成っていた。そんな中で落ち葉に保温され守られているかのようにセイタカアワダチソウと西洋蒲公英が咲いていた。その他の野草の花は全くなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/12/06 17:28
花見山公園(4)
今日は花見山公園の十月桜をご紹介します。十月桜はバラ科の花で花 期, 10月〜12月頃、3月下旬と書いてあったがここは東北なので春の開花時は少し遅れるのかも知れない。また資料によっては学名:Prunus × subhirtella cv Autumnalis. コヒガンザクラ(小彼岸桜)の園芸品種で,4 月上旬と 10 〜 12 月の 2 回花が咲きますと書いてあるものもある。この十月桜は早いところでは曼珠沙華が咲き始める頃に咲き出す花もあり花期は特定できないのかも知れない。とにかく春と秋から冬... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/11/28 18:38
花見山公園(3)
今日は花見山公園で撮った写真を見て下さい。南天は出荷用にはすでに切り取ったところが見られた。ハハコグサについてはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればハハコグサ(母子草、Gnaphalium affine )とは、キク科ハハコグサ属の越年草である。春の七草の一つ、「御形(オギョウあるいはゴギョウ)」でもあり、茎葉の若いものを食用にする。ハハコグサの全草を採取し細かく裁断して日干しし、お茶にする。咳止めや内臓などに良い健康茶ができる。と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/11/27 18:28
花見山公園(2)
昨日の花見山公園では紅葉状況をお伝えしましたが今日は花を中心にお伝えします。この野地木野や沙卯の花は数少なかったがノゲシを見つけて撮ってきた。オオイヌノフグリやコハコベなども咲いていたがピンぼけで使用できず残念だ。木に咲く花は可成り咲いていた。今日紹介した花のほかに十月桜が葉のない枝に咲き乱れていた。「ノゲシ」については此方を参照願います。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/26 19:01
寒さに負けず
今日は元職場OBの文化講演会があって福島県立美術館に行ってきた。講演のトップは通信設備の災害対策について聞いた。2題目は「斎藤清の世界」について福島県立美術館の学芸員「吉村有子」氏の講演があった後昨日から始まった「斎藤清展」を時間を掛けて見て回ってきた。残念なことに写真撮影は禁止されているのでカメラを持参しなかったことだ。会場内部はだめでも入り口などの雰囲気だけでもお伝えしたかった。そんな今日も寒い一日となったが寒さに耐えて咲いているカタバミを見て下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/21 17:49
オニノゲシ
11月9日に花見山に行ったとき撮影した花で花の名前が判らず調べていて今日ようやく判った。オニノゲシについてはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によればオニノゲシ(鬼野芥子、学名:Sonchus asper)は、キク科の越年草。ヨーロッパ原産の帰化植物であり、日本各地の道端や畑で見かけることができる。花期は春〜晩秋で、タンポポのような黄色の花を咲かせると書いてあったが東京でのミーティングが終われば更に詳しく加筆されるものと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/20 17:41
黄色いナズナ
この黄色いナズナは今年の春5月2日のプログにも書いたが「黄色いナズナはイヌナズナ(黄色いナズナ) 和名】:イヌナズナ(犬薺) 【科】:アブラナ」と資料には書いてあった。5月には会津地方で撮影したものだが今回のものは福島市と伊達市の境目付近の伊達市寄りの山道の畑の縁で見つけたものである。黄色いナズナは春の花と思っていたが11月の中旬になって咲いているのはやはり狂い咲きなのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/16 17:22
オオイヌノフグリ
このところ日だまりに咲いている小さな花たちに目を向けてまたら目に付いたのが青紫の「オオイヌノフグリ」だった。この花は早春の日だまりに咲く花とばかり思っていたが秋のこの時期にも元気よく咲いていた。このオオイヌノフグリはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persica)とはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。早春にコバルトブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/14 18:54
花見山公園
福島市の観光名所になっている花見山公園は桜の時期にはシャトルバスが走りマイカーは完全にシャットアウトされるがその時期になってからシャトルバスの運行が終わるまでの間の花見山の姿はこのところ見たことがない。そんな花見山に先日行ってみたが園内に入らないまま入り口で山茶花などを撮って山越えをして伊達市保原町経由で写真を撮りながら帰った。そのとき撮った花見山公園入り口に咲いていた山茶花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/13 10:59
コスモス
一度降霜があったもののその後比較的暖かな日が続いていて咲き続いている花も多いようだ。春に咲く花が11月になってもまだ咲いていたりヤマツツジが咲いていたり植物の時期感が喪失してしまったようだ。コスモスはこの時期に咲いていてもそんなに気にならないのはなぜだろうか。このコスモスの花期は7月〜12月と資料には書いてあったがこの辺りは降霜被害や気温低下で今月までが限度と思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/12 20:07
ハキダメギク
一昨日の撮影だったが花名が判らず「植物園にようこそ」の画像掲示板に書き込んで問い合わせたところ親切に教えていただき「ハキダメギク」と判った。このハキダメギクはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとハキダメギク(掃溜菊、Galinosoga ciliata)とはキク科コゴメギク属の一年生植物。熱帯アメリカ原産の帰化植物。高さ50cm程度になる。夏から秋にかけ、小さな花を咲かせる。道ばたや庭などに生える雑草。とかいてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/11 16:12
木瓜の狂い咲き?
今日は昨日花見山で見つけた木瓜の花を見て下さい。この木瓜は春3月〜5月頃に咲くのが普通に見られの実のだが色は薄いがピンク白っぽい感じの木瓜は12月頃に咲くのがあるという。ここは東北厳寒期には−10度以下になることも希にある地方なので温暖化が進んでも雪が少なくとも温室以外出来開花させるのは難しいだろうと思っている。写真の惚れは畑で栽培している藻のだがこの時期に咲くのは珍しいようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/10 18:50
クサノオウ
今日は天気が良かったので花見山公園近くから山越えして115号線を横切る形で伊達市の中心地保原町まで行ってきた。途中春の花たちが咲いていてビックリした。5月頃咲く花だと思っていたクサノオウが最初に目に付き車を止めて撮りだしたら次々と春の花が見つかった。クサノオウの花期は4〜8月、ホトケノザは11月〜翌年6月、ナズナは1月〜5月と書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/11/09 19:20
野草は強し
夏から咲き続いている「イヌタデ」を見つけて撮ってみた。花穂はまだ生き生きしているように見えていた。まさに野草は強の感じだった。そのイヌタデの近くで実りの秋を迎えて真っ赤に熟した赤い実を見つけた。私にとって始めて見た赤い実が何の実かは不明である。このところ野草に取って代わった菊の花が目立つようになった。今夜は19時から21時まで詩吟の練習日だった。今度の日曜日11日は詩吟の吟詠昇段試験が待っているので練習には熱が入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/08 21:46
赤い菊
近くの庭で赤い菊の花を見つけて撮らせて貰ってきた。菊の名前は判らないが花弁の赤が綺麗だった。この菊の種類には大菊、古典菊、小菊、その他の菊に分類されるのだという。小菊は山菊とも呼ばれる小輪の菊と書いてあった。大菊は花の直径が18cm以上の花を付けるものを言うそうだが花弁の幅や長さの違いまた色も色々あるという。どうも菊のそれぞれの名前を特定するのは難しいようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/07 17:40

トップへ | みんなの「花」ブログ

四季折々の写真 花のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる