四季折々の写真

アクセスカウンタ

zoom RSS 林の水鏡

<<   作成日時 : 2011/06/02 17:54   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は文章も写真も妻のものです。

昨日の続きに成りますが、標高約700メードルの「万葉の庭」で美しい新緑に惹かれて、花ではなく風景を撮っていた妻の写真を今日も見て頂くことにします。目に優しい新緑をご覧ください。

「初夏を彩る大自然の中に生き生きとした若葉や、水鏡に心惹かれてカメラへ収め、・・・ゆったりと心和む一日でした。私は、人工的に手を入れた観光地よりも、全くの無人工の大自然界、何とも言えませんね。
四季折々の姿、気候の変化、その時々によって変化する景色、絶景には心が打たれ言葉もありません。」



画像
                        水鏡  Photo by Miyako


画像
                        水鏡  Photo by Miyako


画像
                        新緑  Photo by Miyako


画像
                        新緑  Photo by Miyako


画像
                       はてな? Photo by Miyako


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
新緑が実に美しいですね。
水面を撮った写真も面白いです。
イッシー
2011/06/02 19:53
こんばんは〜
新緑の中爽やかな風が吹き抜けていたでしょうね
水に映る木々達も新鮮です
最後は水の泡でしょうか?
おとと
2011/06/02 20:12
こんばんは。
「水鏡」という言葉があるのですね。
蒔絵の人間国宝だった田口善国氏(1923〜1998)。大叔父の半年ほどあとに亡くなられましたが、たしか「水鏡蒔絵水指」という作品がありました。白漆地に黒いとんぼが飛んでいるデザインだったと思います。
TERAI
2011/06/02 21:24
 (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
 万葉の庭=名前だけども癒されますね〜〜
其れにも増して水鏡、池の中に本当に生えて居る様に
はっきりと写っていますね〜〜
逆さ富士とか池に写る景色って、何か奥深い趣がありますよね〜〜
 
 奥様も素敵なアングルで撮影されて居ますね〜
新緑の構図なんて流石です〜〜
 最後は何だろう・・・??何か昆虫の卵???
mizocyan
2011/06/02 21:44
イッシーさん おはよう御座います
新緑は良いですね。
私は花ばかり撮っていますがこうしてみますと水鏡も良いです。
chiharu
2011/06/03 05:37
おととさん おはよう御座います
最後の写真は「アメンボ」の足が水についているところを撮ったと言っていました。
chiharu
2011/06/03 05:42
TERAIさん おはよう御座います
田口善國氏の水鏡は良い作品だったのでしょうね。
chiharu
2011/06/03 05:47
mizocyanさん おはよう御座います
この日は薄日程度の日差しだったのがこの写真に繋がったものと思います。
最後の写真は「アメンボ」の足が水についているところを撮ったそうです。
chiharu
2011/06/03 05:52
奥様の感性もすばらしいですね。3枚目.4枚目の樹木の撮り方すきですね。春の喜びが感じられます。水面もおもしろいですね。
ののはな
2011/06/05 21:16
ののはなさん おはよう御座います
妻は風景写真が好きでほぼ専門に撮っています。
新緑の色が良く出ていると思います。
chiharu
2011/06/06 05:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
林の水鏡 四季折々の写真/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる